いろんな表現があるものですね。
d0005807_9491352.jpg





































おはようございます。日本のラグビーすごかったですね。ほんとうに感動しました!003.gif
『勇敢な桜たち』という表現を南アフリカの新聞が掲載したんだそうです。
美しい表現です。
日本のラグビーの戦いに感動したのはもちろんでしたが、南アフリカの選手にも感動してました。
後半の最終局面で、南アフリカの選手が警告後同じファールをして、シンビンになった時、あの激戦であれば、少しは審判にクレームをつけてるのかと思いきや、即座にその判定を受け入れて退場する姿に、『やっぱり優勝候補だな!』と感動してました。
サッカーファンには叱られるかもしれませんが、サッカーの試合では、当たり前のように審判にクレームをつけるシーンが目立つので、そのことに慣れていた私は、あの南アフリカの選手の紳士的な姿に感動してました。

きっと、あの激しい戦いの中で、お互いに対する敬意というものが選手の中にあったのかもしれません。
日本選手の低いひたむきなタックルは、私にとってものすごく勇気の学びになりました。
今朝のNHKの番組で欣ちゃんが、苦手なことでもひたむきに努力してそれが強みになった時、ほんとうに美しなあと感じるといってたそうです。タレントで伸びる人は、苦手な仕事でもひたむきに努力して続けてそれが、むしろ、個性になった人が成功しているといってました。なるほどなあ~と思いました。
学びの多いシルバーウイークであります。045.gif

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。001.gif
by tccreate | 2015-09-21 10:00 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 伊藤 at 2015-09-21 17:45 x
感動しましたね!同感です。あまりの激しさに忘れがちですが本当に紳士的なスポーツですよね。対して、サッカーでよく見る「ぶつかって、コロコロと転がって、痛い!ファールだ!」をアピールするのがもはや当たり前になっている姿は一体なんだな?と思ってしまいました(汗)
Commented by tccreate at 2015-09-22 09:53
久々に余韻が残る感動のスポーツ中継でした。スコットランドもたいへん強いみたいですが、頑張ってもらいたいです。私は、結構、ラグビー好きで、中学校くらいから四か国対抗ラグビーとかの番組をみてました。もちろん、大学ラグビーも大好きです。ですので、今回の日本のタックルの低さにはラグビーをあまり詳しくない私にもわかるくらいでした!疲れてきて低い体勢でプレイするしんどさは、どのスポーツも同じですから普段のトレーニングの激しさが伝わってきました。
<< 院内銀山 最近、買った本 >>