紙芝居上演!うれしい記事。
おはようございます。今朝のさきがけ新聞に由利高原鉄道のこどもの日のイベントで、私たち、NPO秋田の民話で親子と障がい者とローカル沿線を元気にする会で作った紙芝居が上演される記事が掲載されました。子吉川にはこいのぼりが泳ぐそうです。ぜひ、お子様と一緒にご家族そろって遊びに行ってみてくださいね。楽しい思い出をいっぱい作っていただければと思います。104.png
鳥海山麓はどうやら星空が美しい情報も入ってきました。
私たちNPOが初めて由利高原鉄道に乗って終着駅矢島を訪れた時は、正直、ほんとうに何もないなあ~という印象でしたが、取材を始めると、と~んでもない。113.png すばらしい地域資源がいっぱいあることに少しづつ気づき始めました。
最初は、よそ者で本心でお話ししてくださらなかったのかもしれません。
コツコツ継続することで、少しづつ仲良くなり、いろいろな話をしてくださるようになったのだと思います。
先日は、約2時間くらい龍源寺のご住職様ともお話しすることができました。
紙芝居列車の活動もご存知でした。こういった少しづつのつながりがすごくうれしいし、ありがたいです。

昨日は、秋田大学の地域連携プロジェクトゼミで、学生たちの話を聞くことができました。
すごくうれしかったのが、4月30日学生たちが自主的に矢島に訪れて、矢島路が楽しかったと言ってくれたこと。
そして、『子供たちを楽しませてあげたい!』そうです。さすが、教育文化学部ですね。学生たちの愛にあふれた温か~い笑顔が最高でした。

これからが、ほんとうに楽しみです。
『教えることは、学ぶことですね!』それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png
(写真が、どうしても横になってしまいます。。すいません。)

d0005807_08013189.jpg



by tccreate | 2017-05-02 08:02 | 雑談 | Comments(0)
<< 嬉しさと充実感 プチ旅行 くりでん! >>