資格多過ぎませんか?
おはようございます。今月は、新期初めのスターとなります。おかげさまで黒字決算となりましたが、今後を考えますと今期も新しい事業展開への挑戦を続けなければならないことを痛感します。
そういうこともあり、久しぶりに不動産関連の資格講習を受講してまいりました。それにしても、ここのところ新しい資格が多くなりました。某新聞によりますと、その資格の内容を国で精査する動きがあるようです。
講義を受けて強く感じたのですが、資格の前提とする経済社会背景がとにかく首都圏モデルであるということです。
つまり、一定の取引金額のボリュームがないと実効性が厳しいだろうと思われることです。
それと、残念だったのが不動産投資に関する講義ボリュームの薄さでした。119.png
これだけ空き家が増加している中で、さらにこれまでの提案モデルから脱却しようとしていない、本音では直視しようとしていない内容と感じました。
一方で、今後の不動産業界の一つの大きな流れを感じ取る有意義な時間でもありました。
地方創生に不動産会社として少しでも関わろうとした場合には、地方都市ならではのビジネスモデルを構築することが急務であるとはっきりと認識してきました。
法律のルールは、首都圏を基準として今後もつくられるでしょう。地方分権と言われて久しいのですが、最近では、すっかりなくなりました。
お客様の困りごとを解決する新たなサービス市場の創造が地方には、人口、世帯数ともに減少する秋田県では特に急いで必要なことをしみじみ感じました。
自らの業界にとって都合の良い、お客様を囲い込むための資格運用ではなく、お客様とサービスを提供する会社とが、信頼関係のもとにお互いに笑顔になれる支え合いの仕組みで、弊社は考えてゆきたいと思います。102.png

今日の写真は、仙台で夕食をとった時の様子です。
学生時代を思い出したとても懐かしいひと時でした。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png
d0005807_09181399.jpg



by tccreate | 2017-09-10 09:18 | 雑談 | Comments(0)
<< もう少しで披露です。 満20歳 >>