久々の受験
おはようございます。先週末、久々に不動産に関わる資格試験を受験してきました。『賃貸不動産経営管理士』という民間資格試験です。今後、国家資格になるのではということで、受験者もかなり増加したそうです。
試験対策の勉強中では、借地借家法に関わる判例レベルまで問われるようで、少し、安易に考えておりましたが、勉強を始めてみると結構焦りました。
会場は仙台で、受験会場では秋田からの知り合いが多くいるのではないかと思っていましたが、見渡しても知り合いには誰にも会わず意外でした。
この試験勉強で、実は、多くのことに気づきました。不動産賃貸管理というのはたいへん重い責任があるということをあらためて認識いたしました。消防法など各分野の法律が改正、新設されていますし、法律にはなっていないものの、今後、模範とするべき規準は相当しっかりとした業務の仕組みがないといけないと感じました。
現在は、こちらの資格がないと管理業務ができないというものではなく、今後も、一定の実務経験があれば引き続き管理業務を担うことができますが、一定規模の共同住宅等の管理を受任する場合にはさまざまな法規遵守が大家さんはもとより管理業者にも求められることになります。
管理業務は委任契約ですので、無償で管理していても法律を遵守していないと責任は免れないということになります。116.png
年齢に関わらず今後も勉強し続けるという姿勢が大切であるとあらためて身に沁みて帰ってきた週末でした。

試験結果はまだわかりませんが、例年通りの合格水準であれば合格ラインを超えた感じです。。105.png

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.pngd0005807_09092033.jpg


by tccreate | 2017-11-21 09:09 | 雑談 | Comments(0)
<< 頭の中・・ 癒しのひと時でした。 >>