<   2006年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
そろそろ梅雨明けですね。
おはようございます。そろそろ梅雨明けでしょうか。今日の天気は最高ですね。いよいよ7月最終日。あっという間の7月でした。それにしても、時間が過ぎるのが早いですね。
昨晩、居酒屋チェーン店のワタミの社長が出てました。目標を日付をいれてきちんときめて計画を建てて、目標達成のために毎日計画を見直しするそうです。なるほど。なるほど。と思いながら、ズ、ズ、Z~と寝てしまった長ちゃんでした。おかげさまで、夢の中で、計画をしっかりたてました。7月はまたまた皆勤賞でした。
by tccreate | 2006-07-31 07:22 | 雑談 | Comments(0)
願かけ
こんにちは。今日もオープンハウスでして、今、弟と交代で会場から帰ってきました。
草刈のシーズンでして、草を刈りながら願かけいたします。掃除をしたり草を刈ったりすると物件がかわいくなります。
それにしても、忙しい月末になりました。ついているな~あ。誠にありがとうございます。
by tccreate | 2006-07-30 16:04 | 雑談 | Comments(0)
ブログすいません。
おはようございます。今月末は、おかげさまでたいへん忙しくブログもお休みしてしまいました。今日は草刈りをしてこれからさらに物件の草刈に行きます。家のなまはげから大分草刈の腕をあげたとお褒めの言葉をいただきまして誠に光栄でございます。これで、無事、8月のゴルフ券をゲットできたと思っております。
それでは、今日はこの辺で失礼いたします。草刈第二段に行ってまいります。
by tccreate | 2006-07-29 08:16 | 雑談 | Comments(0)
計画都市?
d0005807_7172140.jpgおはようございます。今日の写真は、筑波大学の正門の写真です。初めて、筑波学園都市というところに行きました。とはいっても、ほとんど時間がなかったので、通過しただけでしたが、大学はもちろんですが、国の研究機関がたくさんありました。そして、看板を見ると独立行政法人~という看板が多く見られました。この街は国が政策的に造ったと聞いておりましたが、これほどとは思ってませんでした。研究機関を集め国の最先端の研究をして行こうというはっきりしたコンセプトを基につくられた都市なのでしょう。その成果はどうなのかは別の検証が必要と思いますが、それにしてもたいしたものです。不動産屋的発想で申し訳ないのですが、この辺に土地があった地主さんはおいしかっただろうなあ~と思いました。
それを、象徴するのが、不動産屋さんの多いこと。ただなんとなくですが、計画された都市というのはこんな感じかなと思いました。城下町とかもある意味、計画された街なのでしょうが、それとの違いは歴史でしょうか。私の直感なのですが、自動車優先の都市計画と歩行者優先の都市計画のちがいかもしれないとも思ってきました。近代都市計画のよい研究対象になるのではないかと思います。
いずれにせよ、街づくりは、コンセプトが大切なんだと思います。
by tccreate | 2006-07-27 07:30 | 雑談 | Comments(0)
ナビさんありがとう。
d0005807_7574732.jpgおはようございます。実は、昨日、ブログをさぼって茨城に出張してまいりました。前もってお知らせすると、長ちゃんファンが後をつけてくるとお客様への守秘義務違反となりますので、秘密で行ってまいりました。この国の国力はすごいなあと思いました。ほぼ、主要都市を高速道路で網羅しようとしております。無駄な4路線化をやめ、無駄なしなくともよい道路整備を節約し、談合をやめれば、必要な幹線道の整備がどんどん進むのかもしれないと思いながら、往復約1300キロを走破いたしました。往きは夜になってしまってましたので、ナビがたよりです。住所の番地も入れましたので、近くまでは確実と思っておりましたが予定のホテルの玄関先まできちんと案内してくれました。当たり前かもしれませんが、ほんと感動と「助かった!」という感じです。
特に市街地に入ってからのナビは助かるんだよ~ね。宿泊したホテルは昔ながらのホテルでして、大分、空室がめだつようでしたが、一方で満室のRホテルをみているだけに、ここでも、「今、何が起こっているのだろう」と考えてしまう長ちゃんでした。
今日の写真は、常磐道に入ってからのナビの映像です。少しブレてしまってすいません。
助手席にいつもの美人秘書がおりませんでしたので、後部座席におりました、代わりの新人美人秘書2号さんが撮影しました。不慣れなためお許しください。
どこかの国の王様は国民が飢えているというのに、秘書どころか奥様が4号までいるとかいないとか・・
参考までに、家のなまはげは、すくすく肥えております。(内緒)
それにしても、学園都市つくばは不思議なところでした。
by tccreate | 2006-07-26 08:13 | 雑談 | Comments(0)
ワーキングプア
おはようございます。昨晩、某国営放送でワーキングプアについて放送してました。東京と秋田のワーキングプアの状況でした。たいへん衝撃的な放送でした。とくに角館の商店主の話は、こんなに身近にこういった実態があるとは、たいへんショックでした。
新聞紙上ではバブル以来の好景気だということで、大賑わいですが、一方、報道されている状況が身近にあるということをどう考えるべきなのか。今、この国で、または地方で何が起こっているのでしょうか。
パレート最適という状況がありまして、これを豊かさにあてはめますと全体の約2割が全体の8割を占めてしまうのだそうです。会社に5人の営業マンがいたとすれば、1人の営業マンが全体の8割の業績を占めてしまうものだそうです。
しかし、こうも考えられるのです。この8割の人達がいたからこそ全体が生きるといえます。
この割合がおそらく2対8ではなく、0.5対9.5ぐらいになってしまっている可能性があります。
ですから、社会が不安定になっているのではないかと思います。
それと、敗者復活のシステム。これがないと、社会はいびつな構造になると思います。
どんな環境でも、どんな年齢でも、学校に入学でき、再就職できる社会。
理想はいろいろあげられられますが、今、私の会社で40歳以上の社員を採用できるか。といえば考えてしまいます。経営者とすれば、経費が固定化するのが一番恐い。それと、一生懸命の人財はたくさんいると思いますが、そういう人と巡り会わなかった場合のリスクは半端ではありません。社会保険料の負担や、労働権の問題。一度、職安に行って募集の説明を受けますと経営者責任があまりにも重い。
もし、労働権ばかり主張されると、おそらく中小零細企業は倒産するでしょう。十分な体力がついてからと思っていると、あっという間に時間が過ぎてゆく。そして、時間のスピードが半端ではない。必要な人財も変わるかもしれません。
なんて、言っているとどうしょうもないのです。
もう、おわかりですね。経営者の器しだいなのです。戦後、焼け野原から立ち上がり、世界的企業を創業した経営者の志、パワーのすごさがわかります。
昨晩は、たいへんショックでもあり、経営者責任とはなにかとしみじみ考えさせられました。

追伸:本荘高校おめでとう。中央高校残念でした。中央高校は2年生が多いみたいでしたので 来年がたのしみですね。本荘高校は秋田県代表としてがんばってください。チームワーク
   のすばらしいチームですね。代表チームですので、期待をこめて、甲子園で勝ってほしい
   ので、3つの提案。
  
  投手:ここ何試合か、疲れからか、投球の際のひじがすごく下がってお                                      りました。一番よいときのイメージをビデオで見てもう一度点検してみてください。
      おそらく、牽制球の横投げの影響と思われます。
 
  守備:スローイングの点検をしよう。特に、キャッチャーのスローイングが捕球体勢によっ                        てかなり大きさがちがっていました。ニュートラルな捕球体勢を研究してみてはいかが
      でしょうか。
  
  打撃:コンパクトなスイングですばらしかったですね。甲子園に行くと好投手ばかりですか
      らさらにコンパクトなスイングを点検しましょう。決勝戦の傾向でしたが、疲れからか
      全般にドアスイングになってました。

  さあ、これで、初戦突破まちがいなしです。持ち前のチームワークと元気はつはつプレイで
  がんばってください。
by tccreate | 2006-07-24 08:17 | 雑談 | Comments(0)
高野連ルール?
おはようございます。今朝の新聞で、昨日の準決勝の試合で高野連が本荘高校の監督さんに始末書をもとめる記事がありました。
野球で始末書だなんてどうなってるの?っていうのが私の感想です。自分のチームの選手に三振の指示を出して悪いなんてルールどこにもないです。
私も伝統校同志の対戦で、テレビで観戦してましたが、悪天候の影響もあってかエラーが多かったのが残念でしたがこれも野球なのです。高校生だって人間でしょう。大敗してればいろんな思いがめぐってきて当然です。
「今まで一生懸命がんばったなあ~」とか、「もう少し長くやりたいよなあ~」とか、さまざま。
一方、勝ってるほうは悪天候の中、「次の回のことを考えて早く攻撃を終えたほうがいい。」と考えるのも作戦のうちです。
そのことが、最終的に試合結果にどう出るかはわかりません。
私、個人的にはどんなに点数が離れていてもあきらめるべきではないと思います。
しかし、こんなことは考えたくありませんが、万一、やっている選手たちが現実あきらめてしまっていたとしたらそれはしかたがないことでないでしょうか。それも選択です。
昨日の試合の後半、どういうことがあったのか詳しくわかりませんが、高野連がこのような対応をしなければ、選手たちなりの準決勝であったのです。
試合を早めるのも作戦であれば、遅くするのも作戦でしょう。これも野球なのです。(スポーツとしての節度はあると思いますが。)
いったい高野連は、どういう組織なのでしょうか。せっかくの甲子園大会に水をさすようで残念に思いました。

追伸:最近、秋田の高校野球を見に行きますと、どの高校も応援がタイガーラグ♪です。
    秋商出身からすると、秋商の個性だったのですが、いつからどういう経緯でこうなった
    のでしょうか。私のころは、それぞれの学校が特長ある応援をしてました。                          東京6大学野球ですと、意地でも相手校のまねをしません。
    野球とはまったく関係ありませんが、私の気持ちわかっていただけるでしょうか。
    つまり、グランドも応援も意地と意地とのぶつかり合いで最後まで熱い戦いを期待しま
    す。
by tccreate | 2006-07-23 11:42 | 雑談 | Comments(0)
長雨被害
おはようございます。毎日、長雨による被害のニュースが報道されています。数多くの方がお亡くなりになっています。
一日も早く、梅雨が明けてくれるよう天気図をみながら天気予報を見てます。これだけ、いろんな技術が進んでいながら天候だけはどうしようもないものですか。梅雨前線を移動させるとか・・
ところで、先ほど、秋田高校の野球部と思われる選手たちが、店の前を自転車で通りました。
悔いのないようがんばって欲しいと思います。健闘を祈ります。
by tccreate | 2006-07-22 09:30 | 雑談 | Comments(0)
夏真っ盛り
おはようございます。九州や長野県では大雨による被害が大きいようです。自然による猛威の前には人間はどうすることもできないのかと、ニュースを見て悔しい思いでいっぱいです。
最近は、雨が降ると短時間に大量の雨が降ります。私は、熱帯地方にいったことがないのでスコールの経験がありませんが、こんな状況なのでしょうか。
さて、昨日、毎年恒例の竿灯祭り参加日程のFAXが届きました。今年は例年通りの参加は難しそうです。今年の竿灯は準備とあとかたづけは外注することにいたしましたので、会員の負担は大幅に軽減されたはずです。元気はつらつ青年部!どしどし参加してください。
ほんと、この竿灯時期前後になると準備等でたいへんでした。正直、仕事にも多少の影響がありましたので、なんとか工夫が必要と考え、今年の竿灯会理事会で承認され、外注部分を大幅に多くしました。これで、若者の負担もぐ~んと減るはずです。今日は、土崎の湊祭り最終日。
天候もなんとかもちそうですね。伝統文化の継承は大切なことです。世界に誇る竿灯祭り。
もっと、一般市民が気軽に参加できる工夫が必要ですね。私、個人的には、秋田市の小、中学校にはそういう授業を設けて、町内に竿灯がない地域は学校ごとに参加する取り組みがよいと思うのですでいかがでしょうか。郷土愛を育むには、お祭りは最高ですよ。
by tccreate | 2006-07-21 07:06 | 雑談 | Comments(2)
いよいよベスト8
おはようございます。高校野球もいよいよベスト8ですね。今日の朝刊で試合結果を見てましたら、ここ何年かの傾向がやはり出てました。試合結果を見ずに、失策数をごらんください。
失策数の数と試合結果がほとんど一致してます。同じ高校生同志。そんなに力の差があるわけではありません。やはり、失策は大きく試合の結果を左右します。
本番をむかえて失策をしないようにというのも難しいのですが、これから、むかえる試合には十分参考になるのではないかと思います。
そして、秋田の代表になったチームには、甲子園大会前にもう一度しっかり守備の点検をして望んでいただきたいと思います。
私も大学の途中まででしたが、野球部に所属しておりました。そこには、全国的に名門と言われる高校からの選手が集まってました。
私は、へたくそでグランドキーパー専門でしたが、その選手たちをみて私の高校同期の仲間との技術的レベルはまったくかわりませんでした。むしろ、秋田の選手のほうが何人かは上手いと思っていたくらいです。
では、なぜ、甲子園で勝つことが難しいのか。それは、集中力。ここぞ一番の集中力です。
その集中力が一番つくのが守備と走塁だと思います。特に、守備はリズムですから、守備がいいと走塁もバッテイングもよくなります。
泣いても笑ってもあと3試合。よい仲間と一つの目標に向かって一生懸命がんばってきた高校生活の集大成。勝っても負けても悔いのないよう明るく元気にがんばってほしいと思います。
秋田の高校野球球児。がんばれ!
by tccreate | 2006-07-20 07:46 | 雑談 | Comments(0)