<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
内陸鉄道
d0005807_7593634.jpgおはようございます。今日の新聞で、内陸線の存続が難しいとのことでした。
今日の写真は、こまちの乗客がみる雑誌の裏に、工業団地のへの企業誘致広告の写真です。
こまちなので、当然、秋田県もあるだろうと探しましたがありませんでした。
浅草のある岩盤浴の看板に、『玉川温泉の・・・・』とあったのを見ました。
前にも、ブログに掲載をしましたが、宮城の経営者の会合に行くと、農業の経営者の皆様が、たいへんよく勉強され、営業をされてくる姿に感動します。
私は、かなり出張が多いほうですが、内陸線の宣伝を見たことがありません。
地域住民の皆様といっても、人口が減っているのに・・・交通機関としての生き残りは無理です。
観光資源として、あの沿線、あの車窓はじつにすばらしいです。
昨晩のテレビで、新興国の富裕層が日本に遊びにたくさん来ているとか。
いつだったか、イタリア人のご夫婦の話を紹介しました。
日本中廻って一番よかったのが、羽後町あたりの原風景であったと。
新潟のある地域にドイツの有名な建築家が住んでいて、地域の原風景保存のために古い住宅をかっているとか。
ダメだと思っているのは、むしろ自分達なことに早く気づくべきではないかと思います。
内陸線の収支の詳細はわかりませんが、倒産寸前なのに経営者の報酬より、社員の報酬が低かったりしませんか。
あの内陸線を廃止して、また職場を失う人がでて、ふるさとをやむを得ず去っていく人が増えることを残念に思います。

秋田県 内陸鉄道でホームページを見てください。カウンターが29万件です。弊社でも、とっくに10万件を超えている時代にです。
予算規模を考えればいかに努力不足かおわかりでしょう。
風景写真がありますが、車窓からの写真がぜんぜんないし、おそらくあの写真はプロの写真ではありません。
周辺観光地とのリンクもまったくない。これが経営姿勢のすべてです。どこにお金が使われているのかほんと不思議です。
ちなみに弊社の資本金はたったの300万円。誠に恐れ多いのですが、弊社のホームページと比べてみてください。
by tccreate | 2008-02-29 08:16 | 雑談 | Comments(0)
別の国
d0005807_744198.jpgおはようございます。昨日は、日帰りで東京出張でした。朝午前7時に秋田駅を出発し、午後11時55分ころ帰ってきました。加須市、日本橋、平塚市という少しハードなスケジュールでした。
今日の写真ですが、地下鉄の電車内での広告です。
見ずらいかもしれませんが、3LDKで家賃185万円(月)の賃貸マンションの広告でした。
同じ日本でこうも違うのかと思いました。帰りの新幹線の中で、もし、秋田が独立国として生きてゆくとしたらどうなのだろうか。
税法などの政策が、東京中心であるとして、首都圏と地域の格差の本質はどういうことなのかと考えてきました。
行けば行くほど、別な国のような気がして、これを一つの日本というくくりで考えて良いものかと、疲れた頭で道中考えてきました。

ところで、この出張で、こんなことがありました。あのテレビタックルでよく出演する経済評論家の森永さんが、私の隣りの席に東海道線で居合わせました。
あちらも体格がいいので、少し窮屈になりましたが、横浜までず~と隣りで、声をかけようか迷っておりました。そのうち、居眠りを始めましたので、お話できませんでした。
私は、平塚に用事がありましたので、そのまま、平塚に向かい、仕事を終えて、また、東海道線で東京へ向かいました。
そしてら、横浜駅でまた、森永さんが隣りのボックス席に乗車して着ました。
この多くの都会の中で、一度会っただけでも奇遇ですが、同じ日に2度、しかも、電車でお会いするなんてよっぽどなことだと思いました。
私がおりる頃には、先方は私のほうを見ておりましたので、不思議なこととわかっていたのかもしれません。
よっぽど名刺交換でもと思いましたが、今回はしませんでした。
人の出会いって不思議なものですね。
by tccreate | 2008-02-28 08:00 | 雑談 | Comments(3)
私案
おはようございます。街づくりの続きです。私の案をお話します。秋田市のコンセプトは高齢者の安心で生きがいあるくらしと、子供たちが心豊かに健やかに暮らせる街づくりです。
人間は人間だけの関わり合いだけでは、生きてゆけません。自然など地球環境と融合しなければなりません。また、高齢者も若い世代も、子供たちも、人間としての温かいj関わり合いの中で暮らさなければ、健康に生きてゆけません。
この暮らし方そのものが仕事造り、すなわち暮らしだと考えます。秋田市の中心市街地はその象徴であって欲しいと思います。
30年後の秋田市の外部環境はどうなっているでしょうか。
外部環境は間違いなくCO2削減に代表されるように、環境にやさしい街にならなければ、行政も予算がかかって立ち行かなくなるでしょう。
ですから、資源循環型都市に再編する必要があります。これがいわゆる『コンパクトシティー』構想です。明徳高校がありますが、授業の空時間で、、健康、介護産業、子育てのカウンセリング、環境技術等の大学院や大学の分科を設置したらいかがでしょうか。あるいは、空き店舗を利用することも方法ですね。東京では、同じ学校でも、各ビルを渡り歩くなどは当たり前です。
近くには、高齢者、学生(この場合、社会人、研究者等も含みます。)の住む、資源循環型居住空間を造ります。(秋田の自然をたくさん取り入れたいものですね。)
これだけで、秋田市のビジョンが見える気がしませんか。
街なか再生ファンドなどその手法は、あくまで手段だと思います。
あせらずに、しかし、着実に目的を確認しながら進むべきかと思います。

秋田市は、秋田県はどうやって暮らしていくべきか。30年後の未来を今、描くときだと思います。

あまり長くなると、ひんしゅくですので、今日はこの辺で。
by tccreate | 2008-02-26 08:22 | 雑談 | Comments(0)
秋田市の街づくりに思う
おはようございます。最近、新聞で、秋田市の街づくりに関する記事が連載されてます。今日の記事でも、指摘がありましたが、全体のビジョンがまったく無いのです。
街づくりは、暮らし造りなのです。
暮らしとは、極論すると仕事造りです。観光というのは、その地域の暮らし方のよいところを観る事なんだそうです。
イメージとすれば、『あの街の人達は、こうやって生活してるんだ。』と観て廻ることです。
さて、今、秋田市から提案のある計画にそのイメージがあるでしょうか。
私は、この度の市民からの意見に投稿いたしました。皆で、いろんな立場から参加しましょう。

ところで、先日、我が母校の野球部の卒業式に出席してまいりました。
3年生が、『お母さんに感謝したい。』『親孝行したい。』とはっきり謝辞を言ってました。
私の18歳のころを考えますと、自分がおもいっきり恥ずかしくなりました。
父親の話がなかったようですが、きっと、感謝してますね。父親は、男の子にとっては、ある意味ライバルですから、素直に表現できないのでしょう。
毎年、OBを代表して出席させていただきますが、私自身、勉強になります。
by tccreate | 2008-02-25 08:41 | 雑談 | Comments(2)
不動産の売却について。
d0005807_814527.jpg先日、あるお客様から、査定依頼をうけました。
現地に行ってみると、大きい土地の手前側を売却済だというのです。
残りの土地の査定でしたが、手前の土地の売却方法が、残りの旗竿の土地の通路幅と長さの取り方による評価の影響を配慮しない手法でしたので、査定依頼を受けた物件の評価をほんとうにひどいものになりました。
なぜ、こんなことをしてしまうのか。せめて、出口に隅切りをとればよいのに、その隅切りをとる部分に上下水道を取り込んでいるのです。
はっきり言って、『オーマイゴット!』です。所有者がよければよいのでしょうが、不動産業者であれば残りの土地評価がどうなるかはわかるはずです。
この場合、だれが一番よかったのでしょうか。売却者はもちろん不利になりました。購入者は隣り付き合いが上手く行くでしょうか。そうしますと・・・
私は、現在、宅建協会で一般相談の担当になっております。間違ってしてしまった、とか、誤解してとかだったら、しかたないなあ・・・と思ったりしますが、こういう道義的に大きく配慮に欠くことは、ほんとうに憤りを感じます。
声を大きくして訴えたいのですが、美味しい話はありません。
安い物件はその理由をはっきりさせるまで購入してはなりません。
『高く買うから』という話もなぜ高く買ってもよいのかをしっかりと見極めないといけません。
そのために存在するのが、不動産業者です。私も含めて襟を正さなければなりませんね。

今日の写真は、朝日の様子です。陽射しはだいぶ春らしくなりました。
by tccreate | 2008-02-22 08:29 | 雑談 | Comments(2)
愛着
d0005807_1741116.jpgこんにちは。今日も朝から忙しかったっすな。
ところで、今日の写真は、学生時代に試験勉強でよく使った原価計算の本です。この本は、会計学を学んだ人は誰でも知っている有名な本です。
各単元ごとに切り取ってまとめて勉強したものです。
約20年前のことですが、捨てる事ができなくて保管していましたが、この度、管理会計の必要があって久しぶりに持ち出しました。
ラインマーカーしてあるところなどを見てそのときの思い出が蘇りました。
たまにはいいものですね。
そういえば、隣りに座っていた女子大生がかわいい子で、気になってしようがなかったことがありました。
今なら、平気で声をかけることができるでしょうが、そのころは、中村雅俊似の長ちゃん(皿が飛んできました=。)はたいへんうぶでした。(証人として、今や秋田の有名人となりました、N沢社長がおります。)
by tccreate | 2008-02-21 17:53 | 雑談 | Comments(2)
おらほ産業
d0005807_7255594.jpgおはようございます。最近、秋田さきがけ新聞に連載でおらほ産業!独立!というタイトルで、将来の仮想秋田ビジョンがでております。久々(ゴメンナサイ)に楽しい連載だと思っております。
なまはげに、『この連載、遡って切っておいて!』と頼んだら、『え~そんなのはじめから言ってよ=』と困った様子。(普段、いじめられているので、困った様子を見て、少し、U sjhishi )
秋田の未来が書かれてあってワクワクしますね。弊社も、小さい会社ながら、約1年かけて10年後ビジョンを描きましたら、日々たいへんなながらも心の踏ん張りどころとなっております。
夢に描けたことは実現できることなのだそうです。
その夢はその人の人間性そのものらしいので、ある意味厳しいですね。
さてさて、これからが、不動産業者としては、かきいれ時です。
他の業者さんを訪問すると、賃貸の動きが例年よりかなり遅いようです。転勤の時期が一年を通じてなりましたので、この春先というのは、学生に限定されるのかもしれませんが・・・
賃貸サービスのあり方も大きく変わるのかもしれませんね。

早く春が来ないかな~。
by tccreate | 2008-02-20 07:37 | 雑談 | Comments(2)
春近し。
d0005807_7455388.jpgおはようございます。今日の新聞に、秋田の産業興しの仮想ビジョン記事がありました。
新しい産業目指しての創業についてですが、私は、職業柄、事業に行き詰った経営者にお会いすることがあるのですが、その時にいつも感じるのが、事業に失敗して破産しようとしても破産するお金が無くて、免責を受けれないでいる現実です。
法人の場合、何百万円ものお金を予納しなくてはなりません。
まじめな経営者であれば、いくらでも、取引先にお金を支払おうと最後の1円まで尽くします。
お金がないから破産するわけで、その人に多額の予納を求める今の制度は矛盾しております。
こんな、リスクの高い創業は、よっぽどの覚悟がないと無理でしょう。
その一方で、創業をすすめる国は、はんかくさい(秋田弁)と思います
道路天下り族のどこかの役員が年収2000万円だとかいうのが報道されておりますが、ああいった無駄使いの税金を、起業を促すためにこういった予納金などにつかったらどうでしょうか。
経済特区などで、秋田県や秋田市が申請してもよいかもしれません。
鉄鉱石が65%値上げだそうです。世界シェアの40%が一つの会社で独占しそうだそうです。
たへんな時代になりつつあります。
資本主義の暴走は、資源と環境によってそれ自体を行き詰まらせ、きっと、理性的なあらたな明るい未来を創造する力になることでしょう。
by tccreate | 2008-02-19 08:00 | 雑談 | Comments(0)
会社だったら・・
d0005807_1622843.jpgこんにちは。
今日は、おかげさまでご契約が済み一息ついているところです。月曜日は、朝から忙しくなりそうですので、今、ブログを書きます。
先日、ある地元紙に秋田県が会社だったらの収支表がありました。
たいへん苦しい状況という解説でしたが、経営感覚だと、もう、破産寸前の状況ではないでしょうか。
新聞は穏やかな表現でしたが、そんな状況ではありません。数字をご覧ください。収入の1/3が返済に廻るというで、会社でいうと粗利の1/3分が返済に廻るという会社です。
なんでここまでほっといたのかといった感じです。
私たちの世代でここは乗り切らなければならないのです。
具体的には、収入を増やす投資をすることです。今の支出を見直すことです。
乗数効果の高いことをしましょう。県民が喜ぶことにお金を使いましょう。そうすると、1円の支出が5円の収入になって帰って来ます。
これを乗数5の効果といいます。
会社経営ではこの乗数効果の無いことを続けるとすぐ倒産です。今度のリーダーは、もっと経営感性のよい明るい人がいいなあと思います。
by tccreate | 2008-02-17 16:28 | 雑談 | Comments(2)
なつかしい。
d0005807_8253478.jpgおはようございます。昨晩、帰宅してテレビをつけると、学生時代、たった一人で何回も見に行った、『ウオール街』という映画をやってました。
証券会社に勤務する主人公が、資本家に出会い、その人に師事し、インサイダー情報を提供し、巨額の冨と美人の彼女を得るものの、自分の父親が25年整備士として勤務する航空会社の、再建目的の投資のはずが、この会社清算売却する目論見に利用され、それを阻止したものの、証券取引法違反で逮捕されすべてを失う話です。
この映画で、父親が、息子を裁判所に送り出すとき、罪を償ったら、今度は、『売り、買い』でなく、『創造しろ』と諭す場面があります。
私は、何年かぶりに見ましたが、今、見ると、違うものが見えました。
『何のために』という問いかけが、続く毎日ですが、勉強になりました。
映画って面白いですね。

ところで、今日の写真は、モテモテの長ちゃんの様子です。
このうちの3個は全員ミキコさんからのものです。
私は、きっとミキコさんに深い因縁があるにちがいありません。
なおみちゃん。少し早めのクッキープレゼント。会社の皆でご馳走になりました。おいしかったです。ありがとうございました。田沢湖の巨木様。チョコの食べ過ぎにご注意を!
by tccreate | 2008-02-15 08:38 | 雑談 | Comments(0)