<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
所信表明
d0005807_7405443.jpg昨日、麻生総理大臣の所信表明が行われました。
民主党に対する質問が多かったと批判的な見方も多いようですが、私個人的には、麻生総理大臣の個性でしょうからそういう意味では良かったのではないかと思います。
しかし、『守、破、離』という言葉もあるように、基本的なご自身の政策を国民に表明してからのほうがわかりやすかったのではないかと思います。
それと、特定野党に対してではなく、国民全体に問う意味では、与党も含む議会に対してのほうが良かったと思います。
一番感じたことは、この総理大臣にブレーンがいるのかなという点です。
いても、まったく耳を貸さないほうかなとか考えました。自分の言葉で話をしたという点では伝わるものがあった気がします。
昨日、ある家族が、脳研病院に行ったそうです。朝、午前7時30分に行って、診察が午後2時。検査を終わって帰宅したのが午後7時。
70歳を過ぎる年齢の患者には過酷すぎませんでしょうか。これだけ高齢化といわれて久しいのみこの実態にはビックリといいますか、憤りを感じます。
小児科医、産婦人科医など他にも医師がたいへん不足しているそうです。
ここ何年かの医療政策は失敗です。食糧政策も失敗。もちろん社会保険政策も失敗です。地方の政策の失敗です。
アメリカの議会では、公的資金投入について大統領の共和党からも多数反対者が出たそうです。人ですから、間違うこともあると思います。
その時は、責任をとって野に下るというのも選択ではないかと思うのです。そのほうが、歴史的に見て評価されるのではないかとすら思います。
これだけ失敗を重ねてなお国民はやってきたのですから、一時期政権交代しても大丈夫でしょう。それより、しっかりと政権を担える政党をいくつか育てることのほうが国民にとって有意義ではないかと思います。
一つの政党が何十年も政権にいるということが不思議なくらいなのですから。
皆様いかがお考えでしょうか。
by tccreate | 2008-09-30 08:00 | 雑談 | Comments(1)
無責任・・・
d0005807_7464247.jpg昨日、小泉元首相の引退報道がありました。次男に後継するそうです。
しかし、ここのところの政治家の無責任体質はどういうもんでしょうか。
郵政民営化の改革をし、地方の行政改革をして、国民が痛みに耐えて這い上がろうと必死なときに、(重病患者を手術して開腹しておいて、止血もせず、それどころか患部をすべて除去せず放り投げたようにみえます。)その改革を行ったリーダーがしっかりとした後継者も育てぬまま、またまた27歳の息子にしかも唐突にバトンタッチだそうです。
これは、安倍、福田元総理の投げ出しに相当するものだと考えます。
個人的には、小泉改革の流れは賛成です。無駄を削減し癒着をなくそうとする革命だったと思います。
しかし、革命が成功したわけでなく途中でボスが歳で辞めたというのですから、同志の皆さんもあいた口がふさがらない状態でしょう。
革命だったとすれば犠牲も多くでるのだと思いますが、なぜ、民衆がついていくかといえば、それは、一般市民、国民のためだからです。
地域は本当にたいへんな状況です。でも、なんとか活路を見出そうとしてがんばっています。
そうした構造の変革を後押して実現させてこそ革命が成功したといえるのではないでしょうか。
私は、この引退が、もっと大きな視野に基づく行動だと信じたいのですが、またまた世襲という点にがっかりです。
日本の国には被選挙権というものが実質奪われてしまっているのかもしれません。
北欧のある国では、議員は無報酬で、仕事の終わった時間に議会が開かれるそうです。
国会議員はそうもいかないでしょうが、もっと、だれでも立候補できる制度を考えるべきではないでしょうか。
世襲がみんな悪いわけではないでしょうが、その政治家の家(屋?)にかかわる利権がぶら下がっているような状況だとすると、法律で世襲禁止とするのもいいのかもしれません。
今の日本の国の閉塞感は、政治の責任が大きいと思いますが、皆様いかがお考えでしょうか。

今日の写真は、唐松神社です。なんか、合掌して無事を祈りたい心境です。
by tccreate | 2008-09-26 07:46 | 雑談 | Comments(2)
秋の空
d0005807_8144969.jpgおはようございます。
今日の写真は、すっかり秋になった空の様子です。
今朝はずいぶん寒かった。昨日は、不動産フェアーの手伝いでした。お彼岸だったせいもあるかもしれませんが、会場のイオンジャスコの人出も去年よりは少なかったように思いました。
さまざまな意味で時代の加速が進んでいる気がする毎日です。
しっかりと、背筋を伸ばして、本物とはなにかを勉強しながらがんばらなくてはと思う一日でした。
by tccreate | 2008-09-24 08:14 | 雑談 | Comments(0)
高齢化社会ばく進中?
おはようございます。最近、車を運転していて、特に休日なのですが、若者の姿が少ないようなきがします。気のせいでしょうか。
ここ2~3年と今年と比較しての直感ですが、皆様、いかがお感じですか。
内覧会をしても、広告の問い合わせも、平均年齢が高くなっている気がします。
昨日、M党の代表O氏が高速道路無料化するといっておりましたが、このことは、地方との格差是正ということもあるかもしれませんが、地方がしっかりしないと、若者はますます都会へ流出することも意味します。
地域がしっかりとこのメリットを活用できる力をもたいないといけません。
政治を観てますと、どうやら時代の大きな流れが始まるようです。
毎日のように理不尽な事件が報道されます。人の心が寒々としてしまっています。
地域が『人間性回復の場』となるよう本気で行動しましょう。
昨晩、『俺たちの大和』という映画をテレビで見ました。
サイパンの特攻大砲のことも思い出しました。
お金が目的となってしまっている今の経営者はじめリーダー達はいったい次の世代に何を引き継ぐつもりなのでしょうか。
安ければよい。売れればなんでもよい。最近、政治家で『合成の誤謬』という言葉が使われだしました。
大きな時代の転換点であることは間違いないようです。

『合成の誤謬』とは、個々の立場で正しいと考えられることが経済全体でみると正しくないという現象のことです。
by tccreate | 2008-09-22 08:25 | 雑談 | Comments(2)
健康福祉産業の可能性
d0005807_7264052.jpgおはようございます。東北福祉大学の千葉先生の講演は出席者約60名の皆様で開催されました。
大げさにいえば、おしめ商品一つであっても、人間工学というたいへん高度な分野が関わる産業だと私は理解しました。
また、高齢者の心のケアーや高齢化社会においてレジャーは健康的な生活には欠かせないものだというヒントもいただきました。
スポーツが盛んな秋田で、自然も豊富ですので、大いにチャンスがあるんだなあと思いました。
農業にしろ安心安全の時代ですので、高齢者向けの商品開発がおもしろいでしょうし、高齢者にとって、障害者にとってやさしい社会、街というのは、健常者にとってもくらしやすいのだということがたいへん重要だと思いました。
私の中心市街地の有効活用は、緑との共生。高齢者の生きがいある街づくりです。
千葉先生の講演の内容をお借りすれば、花にあふれ、音楽、芸術、デザイン、ファッションが似合う街。研究所や若者の学校。車の乗り入れは禁止して歩行者天国。
せっかく美術館移転をするのですから、文化中心の街づくりにしてみてはいかがかなあと思います。(極端な話、中心市街地のコンセプトを緑の森を中心にしたら、人が集まるのでないかと考えるくらいです。)
弊社も秋田型コーポラティブハウスをぜひ実現したいと考えています。
新たなライフスタイルをさまざまなパートナーのご協力のもと実現したいと思います。
千葉先生ありがとうございました。ぜひ、また秋田でお会いしたいと思います。


今日の写真は、大仙市協和の唐松神社の様子です。たいへん伝統ある神社だとわかって感動しました。
by tccreate | 2008-09-19 07:40 | 雑談 | Comments(0)
青年経営者者全国交流会
d0005807_7331843.jpgおはようございます。今日は、先日行ってまいりました交流会についての続・報告です。
やはり、私が印象的だったのは、盛岡冷麺のP社長の話でした。
経営理念が『食を通して人間性回復の場を提供する』これが、レストランの本質という考え方で経営を貫いていらっしゃいました。
休み明けですので、あまり難しい話はやめますが、「文化とは場の力だ」「仕事は科学的に芸術的に行うものだ」「本物とはなにかを追及する」などなど。
お父様が鉄くず加工業をしていて、6人兄弟で育ったそうです。
一番の財産は教育だということで、ご兄弟それぞれが医学部をはじめみんな大学などに進学したそうです。
ご両親のご努力は想像を超えます。
しかし、そういった愛情がP社長のようなすばらしい人間性のもつ経営者を生むのだと思います。在日韓国人二世という個性を、日韓の素晴らしい文化の融合という経営個性に創造し、前述した哲学のもと歩み続けるP社長は、経営者としてあこがれます。障害者福祉も実践されてます。
私も少しずつ近づきたいものだと思います。

今日の写真は稲刈りを待つ田んぼの様子です。実りの秋になりました。
by tccreate | 2008-09-16 08:19 | 雑談 | Comments(2)
世界の全ての人々が幸せにならなければ個人の幸せはない
d0005807_9375347.jpgおはようございます。先週、盛岡市で行われた青年経営者交流会に参加してまいりました。
全体講演会で、盛岡市の盛岡冷麺店を経営するP社長の講演には、久しぶりに腰を抜かされました。
本気度がすごいのです。こちらの会社の経営理念は『食を通して人間性回復の場を提供する』だそうです。
現代は、権利主張・・エゴという病が権利という御旗のもとに日々蔓延していってます。
岩手県で開催された大会らしく、題目には、今日のブログのテーマにもあるように宮澤賢治の言葉や考え方がところどころにキラキラと存在しました。
宮澤賢治の農民芸術概論というものがありますが、実業を通じたイーハトーブを歩む姿勢が、P社長には力強くあり、それを実践し、大成功している姿に圧倒されました。
風貌は、普通の会社員のようで、講演が終わってから会場を退場する時も、ホテルの人か、ご本人かわからなくなるほどの本当に普通の人ですが、あのパワーはほんと腰を抜かすほどの人でした。
私も10年前くらいによく盛岡に本を買いにいったり、家のなまはげと花巻に行って宮澤賢治記念館やイギリス海岸、羅須地人協会にいったりしていましたが、あらためて、進む方向を確認した思いです。
ほんとうに有意義な時間でした。

さて、今日の写真は、懇親会場で、歓迎のさんさ踊りの様子です。
もし、秋田で開催したら、竿灯をどうあげたらいいかな~などと考えながら、盛岡の文化のすばらしさにふれたひと時でした。
by tccreate | 2008-09-14 09:56 | 雑談 | Comments(0)
内陸線存続について。
こんにちは。内陸線の存続について前向きな風が吹き出したようです。仙北市では消極的だそうですが、その理由として、通勤の足としての採算性が大きな理由だとか。
あの鉄道を、通勤の足として考える発想がこれまでの赤字の原因どということになぜ気がつかないのでしょうか。
個人的に、あの車窓がきれいで2度ほど乗車した経験がある私としては、不思議な争点な気がしてます。
私の提案です。線路沿線に花を植えましょう。これは、住民の共同作業になります。これだけで充分です。冬。雪景色で充分です。
季節によっては、引退した懐かしい車両を走らせましょう。
できれば、農業と共存できればと思います。農村の原風景が楽しめます。
そして、列車が通過する際には、手を振りあいましょう。
笑顔が豊かな人たちや自然で作られた作物は、ほっぺが落ちるほどうれしい味でしょう。
列車の中で、野菜などの直売会や試食会はいかがでしょう。『内陸鉄道野菜』の味が忘れられず、全国からインターネットで注文が入ります。
競争の続く資本主義に疲れた人たちが、どんなにか癒されることでしょう。
そしたら、角館、田沢湖、わらび座、打当温泉なども笑顔であふれます。。。。ついでに、田沢湖の巨木さんも、大きな幹を左右に揺らして喜びだすでしょう。
ブログを書いているだけで笑顔になります。心の健康も立派な産業です。
明日から、2日間出張で盛岡です。また、報告します。
by tccreate | 2008-09-10 13:17 | 雑談 | Comments(0)
役員報酬について。
おはようございます。今朝の日経新聞に主要上場企業の役員報酬の平均が5,000万円だと掲載がありました。
これは、結構驚きでして、業績が上場企業ではよいとのことですが、今の若者雇用の情勢を考えれば、はたして、実態にあったものなのか疑問を感じます。
業績がよいのは素晴らしいことだと思うのですが、これからを担う若者の経済状況を考えればもう少しちがう考え方があってよいのではないでしょうか。
社員は、企業にとって供給側面と需要側面があることを、大企業であればあるほどしっかりと考えていただきたいと思いました。
それにしても、久しぶりに、F首相のインタビューを聞きましたが、あの無味乾燥な人がリーダーなんだとつくづくがっかりしました。
今度の首相は、よき日本人の心をもった人になっていただきたいと思います。
by tccreate | 2008-09-09 08:02 | 雑談 | Comments(1)
会社経営ってたいへんだけど、面白い。
おはようございます。最近、ブログさぼりがちですいません。最近、去年参加した経営の勉強会に助言者として参加しておりますが、しみじみ、会社を経営するってことはたいへんだなあと実感します。
昨晩までの成功が、明日には、失敗の理由になるというきわめてきびしい時代です。
特に、事業承継が難しい。(成功した創業者と二代目への継承が・・)
まちがいなく言えるポイントは『素直な心』
多様化した時代に会社が存続、発展するには確固とした哲学と同時に素直な心が必要になると思います。
この相容れそうもないような心が、実は、心が大きくなるといいますか、成長すると両立しだす感じがします。
月曜日の朝から濃~い話になりましたが、今の政治が象徴しているように混沌とした時代を進むというのは、たいへんでもあり、楽しくもあるのだと思います。

それにしても、決算末、経営勉強会とここ数週間はたいへんタフ(正直少し疲れ気味ですが・・)な時間が過ぎています。
by tccreate | 2008-09-08 08:04 | 雑談 | Comments(0)