坂本龍馬第5巻へ
d0005807_7341226.jpgおはようございます。
ようやく坂本龍馬の本が第5巻に突入いたしました。
大河ドラマでもそうですが、龍馬殿はずいぶん女性にもてたようです。013.gif
まっすぐな生き方が当時の女性にとっては魅力的なのでしょうか。
龍馬に惚れた、ある女性のお兄さんが、『たいへんな男に惚れたものだ。』と嘆きつつ、理解もしつつという場面があります。
こういう豪傑に連れ添う女性もたいへんなのでしょうね。

ところで、今日は後継者の皆様の前で発表する機会があります。
自分にはまだ後継者がおりませんが、どのようなことを話をすればよいか、まだ、もやっとしております。

しかし、私のこれまでの来た道とこれから行こうとしている道をそのまま話をするしかないのかなあと思っております。
男は命を賭して生き様を遺すとでもいうのでしょうか。
何かまだ深い霧の中なのであります。

最近、さまざまな機会で秋田の将来について議論するのですが、よ~く言われるのが、『まず、あなたが力をつけなさい。』ということです。ありがとうございます。040.gif

そのとおりです。でも、私はこうも考えるのです。力をつけるということはどういうことなのでしょうか。
どこまでなのでしょうか。資金力?社員数?それでは、いくら以上がそうなのでしょうか。
上場企業が倒産する時代です。
たぶんそういう方々が言いたいことは、『もっと力を借りられるような人間になりなさい』ということだと考えております。
大きな人間性につきるのでしょうね。勉強になります。

ところで、今日の写真は、仙台のI様宅に伺った時にご馳走になった生ザーサイです。おいしかった!003.gif

仙台の三越のデパ地下で売っているそうなので皆様仙台に行った時はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。
I様。ほっぺがおちそうでした。ほんとうにご馳走様でした。ありがとうございます。

それでは、今日も元気で行ってきま=す。001.gif
by tccreate | 2010-02-22 07:59 | 雑談 | Comments(3)
Commented by 広面の碁打 at 2010-02-22 13:28 x
 本日は、お世話になります。
 つけるべき力についての議論ですね。周囲の方は、「カイより始めよ」と言っているのかも知れませんね。純粋な情熱に対する、多少のネタミやヤキモチもあるかもしれません。
 よく「人間力」が話題になりますが、私は、「重いものを持ち上げる力」(物理的に持つ力ですが・・・)も人間力の一部だと考えています。学問にも様々な科目があるように、人間力にも多様な内容と側面があると考えています。(その一部が「能力」とよばれるという考え方です)
 そのような意味で、力をつける・・・為すべき事、成したい事を実現するために必要な力として、理解したほうが、良さそうですね。
Commented by 広面の碁打 at 2010-02-22 13:34 x
 追伸・・・ウエストを縮めるために、腹筋に力をつける。これも、人間力として、とても大事ですね。
 (私は、健康診断で「(軽度の)高血圧」と診断されて、甘い缶コーヒーの消費抑制をめざし「たい」と、「前向きに」検討中です)
Commented by tccreate at 2010-02-23 07:59
ご投稿誠にありがとうございます。私も来月、健康診断です。気合を入れます。??私は太平山を動かそうとしております。私はやっぱりアホでしょうか。
<< ご静聴いただきまして誠にありが... 八橋土人形 >>