ガストロノミー
d0005807_712291.jpgおはようございます。
上場企業が業績を回復する中、学生の就職内定率が最低だそうです。
企業が海外移転を進める状況においては、この問題は深刻です。
ドラッカーはこれからは、知的労働者の時代だと言っているようですが(難しいのであまり自信がありませんが。。)、知的労働者というのはたいへん深~い意味があると思いますが、豊かな人間性に裏づけられた知識や技術ということなんだと思います。
よく経営者の中で聞くのですが、「挨拶、一般的な礼儀」ができない若者が多いのだそうです。
よくいわれるのが、人間性の乏しい高学歴者が一番企業にとってリスクが高いということです。
勉強つまり知識習得はいつからでも始められますが、人間性を教えるというのはなかなか難しいと思います。
例えば、なぜ、挨拶をしなければならないのかを理論的に教えることはできるのでしょうか。
いろいろと考えさせられますね。。039.gif

さて、『食』・・最近知った言葉に『ガストロノミー』という言葉があります。
実に深い意味があるようです。
日本語では、『美食術』『美食学』と訳すんだそうです。
私は、しばらくの間、経営をガストロノミー的に考察してみたいと思います。

それでは、今日も元気に行ってまいりま~す。001.gif

今日の写真は、先日、仙台に宿泊したときに部屋(檻の中)から撮った写真です。003.gif
仙台市内は寒かったですが、ご覧のような天候でした。
by tccreate | 2011-01-19 07:34 | 雑談 | Comments(0)
<< 大寒 新年会重なる。 >>