食とは
d0005807_6534786.jpgおはようございます。
最近、一生懸命に読んでいるスローフードについてですが、つくづく、「食」って深いものだと思います。
スローフードの考え方には、共生産者という考え方があります。生産者と消費者という構図が、今や地球を滅ぼそうとしているというのです。
昨晩、モンスターペアレントについての番組を見てました。学校の先生に親のモーニングコールや子供のモーニングコールをお願いするのだそうです。
025.gif
遠足のお弁当を先生に頼む親がいるそうです。046.gif
これは、たいへん多い事例なんだそうです。
以前にもブログに書きましたが、首都圏に住む単身世帯の半分が何らかの精神的なケアーが必要な可能性があるというのです。
スローフード的な考え方によれば、魚は海を泳いでいる命。肉は、生きている動物の命をいただいているということと食ということが分離してしまっている結果だということなのでしょうか。

幼い頃、母の実家に行って、お婆さんにスイカは畑に実っていて、土の上にころがっていることに衝撃を受けましたし、トウモロコシやキュウリ、ニンジン、だいこん等など、その実り方に驚きました。
また、父の実家に私が遊びに行くと、伯父さんが、『ひろ=。今日、うまいもの食わせるからな~』といって、鶏を手に持ったかと思うと、首を右から左へぐっと回すのです。え!と思った瞬間。もう、鶏肉としての解体が土間で始まります。
それはびっくりしたものです。
可哀そうだな~と思いました。かわいいウサギもいました。今思うと、あれも食用だったのだと思います。
私は、ある経営者の会では、通称・・心やさしい?山賊といわれておりますが、こういう命のつながりを自然に勉強していたのだと思います。

某不動産業者によれば、転勤になると飼っていたペットを放棄してゆく(すてる007.gif)お客様が多くなっているそうです。(この話は、かなり大ショックでした。)

どうしてこういう社会になってしまったのでしょうか。しかし、嘆いても仕方ありません。これも現実なのです。
一方で、今朝いつも行くコンビニで、『おはようございます。今日は、早いですね~』とさわやかに挨拶をしてくれる人もいます。ありがとう~。感謝ですね。

それでは、今日も元気に行ってきま~す。001.gif
by tccreate | 2011-02-17 07:18 | 雑談 | Comments(0)
<< 県南の雪。 斎藤祐樹投手 >>