旅の続き。
d0005807_7414022.jpg
おはようございます。会津若松に入って昼食をとりました。そこのお店が、大正時代に建築された建物でしてとても感動しました。今日の写真はそこのお店内の写真です。郷土料理が出されましてその料理もたいへんおいしかったです。鶴ヶ城の天守閣から、白虎隊が自決した飯盛山を眺め、次回着たときはぜひ行ってみようと思いながら、会津若松を後にしました。上越も、会津若松も城下町でしてそれぞれ独特の雰囲気がありました。秋田よりはかなり蒸し暑い地域だと思いました。たまには、他の街にいってみるものだなあと思います。会津若松の市街地は人出はまあまあなような気がします。とにかく、両方の街は商売が一生懸命でした。細かい気配りがありましたし、必死だなあと感じました。秋田はどちらかといいますと、のんびり型でしょうか。私は、けして悪いことだとは思いませんが、少しメリハリが必要な気がします。一生懸命やるときはみんなでがんばらなくてはならないと思います。これから、竿灯シーズンなど県外のお客様がたくさん秋田にいらっしゃいます。ぜひ、街ぐるみで盛り上げる工夫をしてみてはと思うのですがいかがでしょうか。という私は、竿灯の練習になかなか行くことが出来ずどうしよう・・とあせっております。竿灯の山車作りぐらいはがんばって手伝おうを思ってます。
by tccreate | 2005-07-20 07:37 | 雑談 | Comments(0)
<< 秋田スギの輸出に助成金について。 帰って来ました。 >>