高齢化社会
d0005807_7511187.jpgおはようございます。
今朝の写真は、仙台市中山地区にある観音様の写真です。
宮城仙台インター前の高速道路からも見えます。
この中山地区に久しぶりに行って感じたのですが、かなりな標高だと思いますが一つの街としてしっかりと形成しているのに驚きました。
今、少しづつですが、ある大学の研究チームが発行した高齢化社会の日本についての本を読んでおりますが、2030年に訪れるであろう近未来が、人口の年齢分布から秋田県はすでになっているということです。
そうしますと、約20年も早い先進県だということがいえます。
研究では、世界では経験したことのない高齢化社会になる日本を世界的にも注目を集めているということでした。
世界は、進むペースの違いはあれども確実に日本のような未来を迎えるのだそうです。
ですから、このような構造を日本がどう前向きに進めて行くのか期待を込めて観ているのだそうです。
この本は、震災の前に発行されたものですが、そうしますと、現在の秋田県は、高齢化社会と地球との共生に先進的に取り組む現実があるということになります。
本の中には、その環境の中での産業振興を目指した内容になっております。
明日、あさってと私は東京出張です。そういった目で久しぶりにの東京を観てきたいと思います。

それでは、今日も元気に行ってきま~す。001.gif
by tccreate | 2011-04-20 08:03 | 雑談 | Comments(1)
Commented by 広面の碁打 at 2011-04-20 09:46 x
 東北だけの変化や変動だと考えていたことが、どうやら、日本全体の変化になっているという事象はないでしょうか?
 大震災は、日本と世界を大きく揺るがせたのではないかと感じているのですが・・・。
<< 都市まち研 桜咲く >>