竿燈最終日アンドあとかたつけ。
d0005807_815578.jpgこんにちは。昨日はブログさぼってすいませんでした。情けない話ですが、すっかり疲れ果ててしまい、ブログを掲載するどころではありませんでした。今日掲載の写真は最終日の竿燈のようすです。観覧席からではなく現場から直接撮影したものですので、少しは迫力がお伝えできるのではないでしょうか。竿燈はやはり4日目が一番です。竿も翌日使う必要はありませんので差し手はリスク承知で限界まで挑戦いたします。ですので、特に4日目の第2回目の演技が見ものです。来年は、どうぞ4日目の第2回目の演技にご注目ください。お祭りといえば、準備とあとかたずけがつきものですが、これが最高にたいへんです。お祭りは4日間ですが、当事者は、賞味7日間は時間がとられます。今のところ、秋田市からの助成等はなかったように思いますが、正直、来年の参加につきましては私自身、現段階では疑問です。弊社のような小さい会社ですと、代表者である私がいないと多少なりとも業務に影響がでます。その負担が年々増加しているのです。このままの状況ですと、多分、我が竿燈会はじめ、大きなスポンサーがついていない竿燈会は継続困難なのではないでしょうか。初日にも掲載いたしましたが、ほんとうに秋田市民に愛されて祭りの継承が可能になるのだと思います。私も、秋田っ子の一人ですが、7年前竿燈会に所属してはじめて竿燈祭りのことがわかりました。それまでは、県外の人に竿燈のことを聞かれても全くわかりませんでした。観覧席のお客様にチャンスをみて『今夜のお泊りは?』と聞きますと、ほとんどが、仙台、青森、山形なのです。これだけのイベントを開催しながらです。宿泊していただくことが全てだとは思いませんが、なにも県外まで行かなくとも秋田市近郊で温泉がたくさんあるのにと思うと残念です。秋田市で竿燈祭りのホームページでも立ち上げているのでしょうか。今は、個人で旅行する時代です。団体のお客様も大切ですが、秋田市民個人個人のつながりで、お客様をお招きできるようになれれば予算も増えるでしょうし全て◎ではないでしょうか。それにしましても本当に今年は疲れました。今年初参加の若衆もあとかたずけのたいへんさに来年参加してもらえるか心配なくらいです。これが、私の今年の正直な感想です。お祭りや伝統の継承とはこうもたいへんなものでしょうか。皆様いかがお考えでしょうか。
by tccreate | 2005-08-08 08:05 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 竿燈会 ほり at 2005-08-08 21:22 x
4日間『竿燈祭り』どうもお疲れ様でした。そしていろいろとご迷惑をお掛けしてしまったと、思いますがご指導ご鞭撻ありがとうございました。

また昨日のあとかたずけには、某資格取得学校の授業の為、参加でき ず大変申し訳ありませんでした。一度、無職の時に準備とあとかたずけを手伝いさせて頂いたことがありましたが、本当に大変だった事を覚えています。
若輩者の私がこのような事を言っても説得力はないと思いますが、社長が上記にご記入のように、竿燈参加者も、秋田市民も、もっと盛り上げていかないと、県外からのお客様もどんどん減っていくようなきもします。
秋田市でも、後継者育成のために積極的に仕事を休ませるとか・・・
竿燈だけではないと思いますが、いろいろな秋田を代表する行事に参加してる人達は、少しでも秋田宣伝の為にと、仕事を切り詰め、自分の時間を切り詰め、体を張って頑張っているのでは無いのかと思います。
その辺を色々と考えていかないと、30~40年後には、お祭りや伝統文化自体も無くなってしまうのではないかと心配です。
長くなってしまいましたが、本当に有難うございました。
来年もよろしくお願いします。



Commented by tccreate at 2005-08-09 08:09
貴重なご意見ありがとうございます。私も竿燈のようなすばらしい祭りはどんなことがあっても継承すべきだと思っているのです。竿燈祭りは秋田市民の財産だと思います。秋田の市街地をみてください。あの無秩序な開発ぶりを。秋田市の伝統や文化を尊重し育む気持ちを皆で持たないと地方はますます老いて行くばかりです。打ち上げで話をしましたが、竿燈期間中は秋田市民の祝日にし、市民総出で年に一度の祭りを盛り上げるくらいのことをしたらと思います。竿燈の山車も最近多い立派なコニュニテイーセンターとかの一部を無償で賃借して保存し町内の小さい子供たちに遊ばせてあげるとかすればいいのです。竿燈が身近になりますし、保管経費も助かりますでしょう。工夫すればいくらでも方法があると思うのです。今年参加してくれた皆が、竿燈祭りのときまた顔をあわせ、さらに仲間をさそってきてくれるような末広がりの祭りにぜひしたいものです。正直、私個人的にはこのままですと、商売との両立がむづかしいです。皆でなんとかして工夫して行きましょう。お知恵を貸してください。ほんとうに今日は熱きコメントありがとうございます。
<< 革命なのです。 竿燈3日目 >>