革命なのです。
おはようございます。昨日、郵政民営化の否決により衆議院が解散されました。いろんな議論がありますが、私は賛成です。以前から主張しておりますが、政治のシャッフルが必要です。とにかく、国民の主張と国会での議論の歪み現象にはうんざりです。
党首選挙で郵政民営化を主張している党首を選出しておいて、いざとなると反対しているのですからペテンもいいところです。そして、この今になっても自M党を出ない輩はほんとうにみっともないといいますか、政治家というのはここまで落ちたものかと言葉を失います。
権力のみで群がっている構図がよくわかります。郵政民営化の賛否についてはともかくこの改革は革命なのです。庶民増税の原因の国家の借金はこの郵政民営化と深く関係しております。不思議となぜ郵便ネットワークの維持ばかり強調されいるのかが疑問でしたが、ここに来てようやくマスコミが検証しておりました。解散後の記者の質問のお粗末さにはあきれますが(あの程度なら私にもできます。)いづれししましても昔であれば内戦でしょう。それほど、利権が大きいのです。なんといっても国会の承認なくしかも国民の貯金を無尽蔵に使える仕組みがあるのですから。ただ、困ったことに今回の選挙、秋田市の場合、ねじれ現象は残ってまして誰に投票したらよいか今のところわからないのです。野党のM党の考え方がまったく見えないですし、秋田はJ党は誰が立候補するのでしょうか。この度の解散で政界の再編が進むと信じてますが、まだ、野党の中にもお化けがおりますので、ほんとすっきりしませんね。とにかく、今国会を見てますとこの国の利権が浮き彫りになっていてたいへん勉強になります。いずれにせよ革命なんだと思います。
by tccreate | 2005-08-09 07:44 | 雑談 | Comments(0)
<< よ=お祭り男! 竿燈最終日アンドあとかたつけ。 >>