秋田市に赤ちゃん誕生。人口増。
おはようございます。4日前に親戚の家に女の子が誕生しました。我が家はその話題でとてもほっこり003.gif(現代語?)しております。
毎朝、テレビコマーシャルで、赤ちゃんと子供の写真が写ったシーンをみて、『めんけな~』と会話してました。
そこで私が、『あれ、そういえば生まれてから2か月くらいたったかな?』と家のこまちに聞いたら『まだ、四日目よ』と少しにっこり。。『あっそう!』こまちが『まだ赤ちゃんは病院よ・・』と教えてくれました。
私が、『じゃあ、お母さんはもう退院して元気なんだね=』と、聞きましたら、『アホ=。母子ともに退院するものなの!』と、苦笑い。『あっそか=。経験ないからわかんねもんな~ガハハ=041.gif
それにしても、新しい命は皆を幸せにしてくれますね。
しかし、少し残念なのは、この娘さんは、新潟に一年後帰ってしまうのです。
新潟に嫁さんにいった親戚のお子さんなのです。
ん~なんとも寂しい感じです。が、日本の人口が増えたわけですから、やはりうれしいですね。

なぜ、新潟なのかっていえば、高校卒業して学校が新潟だったからです。
そこで、素敵な人と出会ったのです。

秋田県は、相変わらず若者にとっては、まだまだ厳しい就職環境です。
秋田県中小企業家同友会の例会には、高校の先生がいらっしゃっていただいております。
わが母校の秋商からは、2名の先生がご参加くださっております。
秋田工業高校、秋田南高校、の先生もいらしていただいております。

私たち経営者のミッションは、本当にやりがいのあるものです。
笑顔大学は将来、起業家やベンチャーの羽ばたく場所にして行きたいと思います。
勉強と実践。3月2日と3月15日です。
講義の内容もずいぶんと充実してまいりました。皆様、ぜひ、遊びに来てください。
入学資格は、『三方よし経営を目指すということ』です。

今日も皆様はたいへん『ついていますよ!』。それでは、笑顔で元気よく行ってきま~す。001.gif
by tccreate | 2012-02-27 07:43 | 雑談 | Comments(1)
Commented by 広面の碁打 at 2012-02-27 12:48 x
 子どもは、大事にしたいものですね。赤子は、生まれてすぐに、人間の顔が、一人一人を別なものとして判別出来るようになるようです。
 たとえば、周囲に恐怖感を与えるような顔の方は、なるべく、怖い人として記憶させるべきでしょうね。怖い顔の人なのに、優しい人として覚えてしまったら、その子の将来に、暗雲(?)が漂います。
 N社長の顔が怖い、と言っている訳ではありません。潜在意識に刷り込まれてしまうと、N社長のような顔の方と結婚する可能性が高くなるかもしれないということです。
<< いよいよ3月。 コンビニのおっちゃん→仲村文昭... >>