新党結成。
おはようございます。新党結成なようですね。あたりまえです。それに参加しない反対議員は無所属とのことですが、党籍はどうなのでしょうか。秋田に限っていえば秋田2区に無所属議員で立候補するようでして、その議員を県のJ党が推薦をするそうです。報道では、この政党組織が極めて重要な報道がされておりますが、世論調査でもお分りの通りポイントは無党派層と言われる市民の声なのです。高速道路や空港ができてたいへん便利になり地元の関連業者はたいへんよかったことと思いますが、市街地はどうなったでしょうか。若い人は週末仙台にまで足を伸ばすと聞きますね。では、仙台からは遊びに来てもらってますか。目的と手段がまったく逆転してしまっています。後進国型の手法はもう終わったのです。私の以前からの持論ですが、国会議員は県知事が代行するくらいの改革が必要だと思います。(ちょっと極論過ぎますが・・)このままだと、議員先生がたが(笑い話ですが、)団体でも作って自分の職業としての身分益を守り出すでしょう。議員であることが完全に権益化してしまうのです。それから、圧倒的に議員の数が多すぎます。このIT時代といわれる時代に、スピード時代に多すぎて動きがとれないのです。一票の格差の問題で違憲なのでしたらそのバランスをとった構成にすべきです。国会議員でしたら各都道府県49×3ぐらいでいかがでしょうか。参議院は100人もいれば十分でしょう。いずれにしましても、この度の選挙は各党の公約をしっかり確認して投票したいと思います。思いっきりシャッフルして欲しいと思います。
by tccreate | 2005-08-17 08:35 | 雑談 | Comments(0)
<< 評論家。 地震。 >>