不動産による節税について。
おはようございます。昨晩、これまでたいへんお世話になっている会社経営者のお客様とお会いしてきました。
不動産を使っての節税についてです。
公認会計士の先生のセミナーで、不動産を使った節税は不動産会社に聞いてくださいとのことでした。
私の正直な感想を述べさせていただきますと、『節税』という言葉は税を節約するということなのですが、税を節約するとはいったいどのような意味なのでしょうか。
相続税対策で不動産投資をすすめるセミナーが多くあるのも承知してますが、正確なところは、お客様のライフプランを考えるということなのだと思います。
不動産投資のマーケティングからすれば、秋田市内の不動産投資はもともとたいへん慎重であるべきです。
正味現在価値計算という手法で投資採算をたいへん厳しく評価した後に行うべきだと思います。

ご先祖から引き継いだ不動産をお持ちの方は、次世代に承継する目的をしっかりとはっきりさせなければなりません。繰り返しですが、秋田県秋田市においては、毎年▲5%の地価が下落しています。
実感では、約20年前の地価の半分です。いかがでしょうか。
ここで注意したいのは、一般論ではなく個別論で検討すべきだということです。

秋田県の場合、交流人口、二住、三住生活者の増加がポイントとなるのではないかと考えています。
個人的には、さまざまな人達が世界から集う研究機関や知的産業の集積する街になって欲しいなあと
思っています。
このままの街づくりでは、これまでの不動産投資の教科書通りですと、投資より撤退の地域となってしまいます。
そういう時こそ先行して投資のチャンスとも言えますが。。
やはり、事業承継したい貸借対照表の目標ビジョンがたいせつだと思いますが、いかがでしょうか。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。001.gif

追伸:氷どめをお忘れなく!自動車のスリップにも注意しましょう。
by tccreate | 2014-01-10 08:44 | 雑談 | Comments(0)
<< 相続の本 5冊目 肩(→o←)ゞ >>