相場より高く売る!
おはようございます。またまた、「相場より高く売る」という内容の本を読みました。この内容は、オークションを利用する方法です。共感できる部分が前回の本より多くありました。
通常、不動産売買の取引の時は、確かに重要事項説明書を契約当日に行いその場でお客様の合意をいただきながらご契約することがあると思います。
例えば、マンション売買の場合、事前に管理組合全体の管理費や修繕積立金の滞納状況を知らしたり、今後の大規模修繕の予定などを知らせたりすることがどのくらいあるのかは疑問です。
今回の本には、事前の調査を徹底的に行うというもの。確かにたいへん重要なことです。
これは、オークション方式を採用する場合、欠かせないとも言えます。
弊社では、事前に購入検討のお客様へ重要事項説明書の写やまた、あらかじめ重要な事項を現地で告知します。
また、重要事項説明事項になっていないけれども、お客様ごとに関心のある内容については、できるだけお客様のライフスタイルを伺ってアドバイスもします。
もちろん、今後予想されるリフォーム費用なども概算ですがお出しします。
さて、事業用物件であれば、馴染むのかもしれませんが、愛着のある住宅等不動産をオークションで売却する方法がどうかと考えると少しさっぱりしないところがあります。
(自社で一度その手法をとったこともあります。)
また、「相場より高く」ということですが、この本では、「相場」の定義がありました。近隣事例の平均だそうです。
前回読んだ本よりは、理解できるところがあったのですが、やはり、不動産というのは唯一無二のものですので、どうもしっくりいかない・・039.gif
標準化された商品であればそういう考え方もあると思うのですが、弊社で考える「真の不動産力」とは、やはり違うなあ~と思います。
各不動産業者でさまざまな取り組みがあって、お客様が選択することなのでそれでよいと思いますが、その意味では、弊社の取り組みがとても個性的なのではないかということに気づきました。
弊社では、売買で言いますと、売主様と買主様の共感度の高さと考えています。
それぞれの不動産の個性をいっぱい伝えることで、その物件の個性を共感し合う出会いが実現したとき、その意味では、もっとも高い評価で取引が成立するものと考えています。

長くなりました。書き足りないので、やはり、本をかこうかなあ~041.gif

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。001.gif
by tccreate | 2014-02-26 08:43 | 雑談 | Comments(0)
<< 地域活力プロデューサー会合 ご来場ありがとうございました。 >>