境界の確認。
おはようございます。不動産の仕事をしていると、たまにですが、土地境界で不満が噴出する場合があります。昨日、土地家屋調査士先生とお話ししたのですが、『日本人の土地に対する執着はすぐいものだなあ~』とのことでした。
高齢化する社会において、私は将来が心配です。特に空き家が長く続いていた土地等は、管理が行き届かなく、土地境界の確認がないまま知らない間にブロック塀が設置されるなど、後で、境界線がわからなくなってしまうこともあります。
ただ、本来大抵は冷静に経緯を紐解けばそんなに深刻なことはないのですが、感情が噴出してしまうことが多くあります。
私見ですが、日本は戦前の専制的な国家に対するアレルギーから、気づくと権利偏重国家になってしまってはいないでしょうか。

ところで、昨晩は、秋田県中小企業家同友会の例会で外形標準課税が決まった時の試算の研修でした。
とにかく、違憲状態の国会であらゆる重要な法案が決まって行く状態はほんとうにおかしい。
ほんとうにこのまま国家運営がなされてゆくのでしょうか。。。039.gif

昨晩の経済テレビで、スタッグフレーションの入り口だと解説していた大学教授がおりました。
景気停滞の中で物価が上がる現象だそうです。
少子化による人手不足も今後深刻化するとのこと。金融政策と財政政策の限界でしょうか。
成長は人づくりしかありえないと考えるのは私だけでしょうか。
恨みの経営は続きませんよね。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。001.gif
by tccreate | 2014-09-17 07:43 | 雑談 | Comments(0)
<< 新名称 宅地建物取引士 こまちのしわ >>