私は信じます。
d0005807_815517.jpgおはようございます。最近、お客様にお会いするたび、考えさせられることがあります。今、建築士の問題で建設業界にたいする不信感が頂点に達しているような気がします。昨晩、比較的若い人が見そうな番組で、税金の無駄使いの話を分かりやすくしてました。
まだ読み終わっていないのですが、『下流社会』という書籍で言われている階層化、一方で24時間仕事好きな人へというチャッチコピーでの雑誌(個人的にはたいへん面白い雑誌だと思います。)が創刊せれたり。あきらめた人とあきらめない人と階層化してしまっているということでしょうか。人間のすることですから、間違いはあるかもしれませんが、私は氷山の一角だとは思いたくはありません。
大部分の人達は自分の仕事に誇りをもってやっているのではないでしょうか。
私は、信じたいと思うのです。そうでなくて、大げさに言えば生きる意味があるのでしょうか。そこまで、人間は悪ではないと思います。
でも、そうはいっても私はまだまだ未熟ですので、時間は無限ではありせんので、直感で運のあがりそうな人(尊敬できる人)とは積極的に、そうでない人(人の恨みをかいそうな人)とは消極的にならざるをえないですね。私は、以前にも話をしたのですが、なんとなく自分の顔も含めて人相を大切にします。同じ人でもすごく変わります。悪いことをし出すと人相が悪くなります。
良いことをし始めると人相がよくなります。私の周りには皆、笑顔の人達でいっぱいな人生を送れれば幸せです。お金はあったほうがいいですが、来世まではもっていけませんから。その人が人生で何をしたかということだと思います。
昨晩のテレビの通り高級官僚が天下りをして3億円稼いだとします。そこまでの人生の時間は約60年、3億円あったとして後20年生きたとします。お金をもって、高級者に乗り、ゴルフをして、銀座で美しい女性とでも豪遊して、旅行をして、それだけです。(税金の無駄使いは許せません!)
人の人生ってもっと重いものだと思いますが、皆様、いかがお考えでしょうか。
今日の写真のように、いつも青空でいようではありませんか。
by tccreate | 2005-11-27 08:46 | 雑談 | Comments(0)
<< 情報が少なすぎます。 楽しかったです。 >>