本年最後のご挨拶
おはようございます。皆様には、今年もたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。今年も多くのスケデュールを積み重ねた年でもありました。
大学への復学や秋田大学の地域連携プロジェクトゼミ、その合間に賃貸不動産経営管理士試験を受けたりもしました。今年はご縁あって仙台市の物件も関わることができてたいへん感謝しておりますし、成約に結びついてたいへん自信となりました。
この間、大都市圏の大手不動会社にも回ったのですが、不動産査定力は弊社でも負けないし、むしろ、弊社の方が優っている部分も多くあると感じましたが、お客様から見たブランド力は相当なものと感じましたし、囲い込むシステムの強力さには驚かされました。しかし、私が勉強したのは、いわゆるアメリカ流とでもいうのでしょうか「ビジネス」という考え方の定着です。
お客様は、普段はいろいろな立場で会社にご勤務されていますので、そのような商談の進め方に慣れているのでしょう。
ある意味、わりきった取引ができてかえってやりやすいとも感じました。
最近のニュースで、ご先祖のお墓を永年供養のお寺に移す人が激増しているという報道がありましたが、そういう大きな流れがあることは間違いないようです。
それも、お客様のご要望であることですから、そのようなご要望を真摯に受け止め仕事を進めてゆくことも大切だと感じました。
また、今年は自社物件への新たな取り組み等も行い、今年の年頭にはさすがに自分自身でも「大丈夫かなあ~148.png」と心配したものでした。
その結果、今年の大きな気づきは、行動計画の大切さと、人工知能化の流れです。
12月上旬に仙台市で行われた不動産業会社向けのセミナーに参加してまいりましたが、私たち業界は、酒屋さんの免許自由化前の状況に似ている気がしてきました。
人工知能の導入がさらに進展すれば、不動産業界は一気に大きく様変わりするに違いありません。
弊社といたしましては、今後も「親身さ」を大切に仕事を進めてゆきたいと思います。
不動産の広告も、それぞれの物件のかけがえのない個性を丁寧に発信してゆきたいと思います。その積み重ねが「住みたくなる街」に少しでも貢献できればと思います。

本年もたいへんお世話になりました。誠にありがとうございました。深く御礼申し上げます。
弊社は新年で創業21年目を迎えます。大きく変化し成長しようと考えています。

今後とも弊社ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

本年最後のご挨拶_d0005807_09595350.jpg





by tccreate | 2017-12-30 10:02 | 雑談 | Comments(0)
<< 新年明けましておめでとうございます。 秋田大学地域連携プロジェクト第... >>