あんまり言えないけど本当の話
おはようございます。先日、また、お客様から直接伺った不動産取引のトラブルの話。人間のすることだから間違ってしまったりすることはあると思いますが、不幸にも同じ会社でのトラブルのお話でした。
このように度々続くと、その会社としての体質だと言わざるを得ません。148.png
宅建業法で、定められている重要事項説明事項ではありますが、そのこと以外での不測の事態。。
本当に残念です。
さて、中古住宅の需要が高いこともわかっておりますが、なにしろ、中古住宅は作るわけに行きませんので、弊社といたしましてもお客様のご要望を伺うだけになってしまうことが多くあります。
住宅に対してご予算に余裕のあるお客様は、ともかく、そんなに高額の住宅でなくてもよいお客様に対しての商品やあるいはサービスが創れないかと以前より考えてはいるのですが、なかなか、構想をはっきり持つことができないでおりました。
つまり、価格を安価に抑えようとすると、年間の受注量を増やすことで、資材コストを抑える方法をとることがよく取り組みとして行われているようですが、結局は、お一人お一人のお客様に対するサービスの質が落ちてしまうことが考えられますし、取引先様に無理をお願いせざる負えない傾向となると考えます。

弊社では、これまで、新築のお客様には、土地の売買仲介や販売での関わりのみでしたが、これまで、多くの中古住宅のリフォームしやそのことによる住宅再生に関わってまいりましたので、その視点からの新築をご検討のお客様へのサービス開発をさらに検討してまいりたいと思います。以前より、その構想は持っておりましたが、最近のお客様のお話を伺うと、潜在的にご心配やお困りのお客様がかなりの数いらっしゃるのではないかと思います。
4月からの新年度ももう少しでスタートですね。中古住宅の重要事項説明事項も改正となります。弊社もさらに気を引き締めてがんばりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。101.png

いよいよ、4月から今年の秋田大学との地域活性化事業も始まります。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。104.png



by tccreate | 2018-03-27 08:46 | 雑談 | Comments(0)
<< やっぱり。。人口減少 今日から選抜高校野球ですね。 >>