多くなりました新築建売住宅
皆様、こんにちは。最近、ずいぶんと多くなった新築の建売住宅。相続が発生して空き家になった住宅を売却する例が多くなったからだと思います。知り合いの建物解体業の会社さんに伺ったところ、すごく忙しく、人手が足りないのだそうです。
また、不動産のサイトをみると、全国展開している不動産仲介会社の秋田営業所開設も多くなりました。102.png
同じ建売住宅を複数の不動産会社が販売する例が目立ちます。
2年くらい前に仙台の住宅の売却をご依頼いただいた時、仙台市の不動産会社さんを廻りましたら、ちょうど同じような感じでした。
お客様がどこの会社を介して購入しようかを選択することになっています。
弊社は、売却依頼がご紹介が多いので、他の会社と同じ物件を売り出すということは少ないのですが、これからの時代は物件を選ぶのではなく、どこの会社から物件を購入するかを選択する時代にますますなるのでしょう。
これまでのお客様への対応で、継続的な信頼を得ていることが商談のすべての土台になりますね。
築年数が40年を超える住宅が増えましたので、中古住宅の売却というよりは、解体して新築を建てるという手法が進むでしょう。
住宅も大量仕入れで大量販売の分野への広がりも見せてくるのでしょうね。
弊社の独自性を大切にして、やわらかく真直ぐに進みたいと思いました。
温かく共感していただけるサービスを目指して頑張りたいと思います。


それでは、今週も笑顔で元気に行ってきまーす。101.png

by tccreate | 2018-11-25 15:36 | 雑談 | Comments(0)
<< パソコン入れ替え 不動産エバリュエーション。。。 >>