佐々木投手残念でした。
おはようございます。大船渡高校の佐々木投手。決勝で投げられなくて残念でした。さまざまな意見がありますね。
私は、高校生だとしても大切にしたいのは本人の意思ですね。本人の意思として投球を控えたのであればやむを得なかったのだと思います。
ただ、よくわからないのが、打者としてのの出場機会もなかったようです。どうしてなんでしょう・・・確か、打撃もよかったのではないでしょうか。(間違いであればすいません。)
批判だけであれば無責任なので、私が監督であればどうしたかというと、本人が投げたいというのであれば投げさせます。しかし、投げてみて明らかに肩や肘などに不調が見られるのであれば、その時点で交代するという選択をしたと思います。
肩や肘に違和感が既にあったとすれば、試合前に医師の診断を受けることもできたと考えられます。
伝えられるところのよれば、そのような兆候もなかったとのことですが、そこは高校生ですから、投げたくて隠しているということも考えられるので、監督として医師の診断を受ける指導ができたのではないかと思います。

戦略的には、佐々木投手以外の投手が育っていなかったこと、連投になることは予想できていたはずなのでそのような体調に維持できなかったということはあります。
少し、テレビで投球している姿を見ましたが、佐々木投手に申し訳ないのですが、基礎体力が昨年の金農の吉田投手に比べるとかなりないなあ~という印象でした。
その意味で、監督さんは決勝戦を投げると壊れてしまうと感じていたのかもしれません。
そこは、毎日、選手と向き合っている監督さんではないとわからないとことだと思います。

現在の日本ハムの吉田投手をみましてもプロで成功するということは簡単なことではありません。116.png
ドラフト1位でプロに入団してもどのくらいの選手が期待通り活躍できているでしょうか。

こういう場合は、高校野球の目的をしっかりと考えたうえで、本人の意思を尊重し、野球はチームプレイです。チームとしての意志はどうだったのかをしっかり振り返って、これからの佐々木投手の人生の活躍に、また、チームメートの皆様の活躍に期待したいと思います。

花巻東高校。さすがですね。甲子園でも頑張ってください。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png

今日の写真は、由利高原鉄道沿線の木のおもちゃ館の様子です。
子供たちが汗いっぱいかきながら遊んでいました。幸せな気持ちになりました。


d0005807_08462327.jpg

by tccreate | 2019-07-29 08:46 | 雑談 | Comments(0)
<< 久しぶりの週末大学生でした。 慶應大学鶴岡キャンパスへ。 >>