謹賀新年
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、明日から新年の営業が始まります。私は、本日からウォーミングアップ109.pngをしているところです。
このお正月は、何年かぶりに比較的時間に余裕があり、本や雑誌を一気にたくさん読みました。買いためていたものや再度気になる本を取り出してきて、ゴロゴロしながら読んだり、会社に出て、大学ラグビーや箱根駅伝でのシード権などにハラハラしながら読んでました。
また、この間、K・G=ン氏が逃げたり中東で戦争危機が発生しているニュースが飛び交っていました。
このお正月で、最も学びが大きかったのは、『致知』という雑誌の内容でした。
キーワードは、『天道を歩むこと』『信じること』『続けること』でしょうか。
G=ンさんの逃亡を読んで感じることは、あの方の世界観がそのまま出ているということです。
今後、ご本人が記者会見や裁判で争う?とか言ってますが、本人だけの姿ではなく、あの方の価値観がはっきりするのだと思います。そして、その価値観に共感する方も世界には多くいるのだと思います。
その意味で、彼は重要な役割を担うことになると思います。
優秀な経営者の一つの姿であり、価値観が明らかになることはとても重要です。
時代から観れば、資本主義の中で、ある意味において極端な価値観を私たちは観ることができると思います。
第二次世界大戦からおおよそ80年が経過しようとしています。日本の周辺でもさまざまな価値観や主義がはっきりしてきています。
日本はしっかりと自国が大切にしてきた哲学を守り育てなければなりません。

最近では、社会貢献と企業の存続が常識になりましたが、何年か前は、大学の講義でも、利潤追求をする企業と社会福祉は両立しないものという講義内容でしたが、海外はともかく、日本の偉大な経営者の先輩たちは、企業は社会や人々の生活をよくするためにあるという目的を掲げておりました。

世界に視野を広げるとさまざまな価値観があると思います。
資本収益率>経済成長率というピケティの21世紀の資本論からすると、これから資本力がますます高まるということです。
AIなどはまさしくその象徴ですね。

このような時代だからこそ、人として倫理観や哲学が資本収益率より成長することが大切ではないかと私は考えました。

ITにお世話になりながら人(地球の生命体の一員として)として物心ともに成長する商品やサービスを開発することに微力ながら貢献してゆきたいと思います。
それでは、本年も弊社ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。101.png

謹賀新年_d0005807_11103383.jpg

by tccreate | 2020-01-05 11:10 | 雑談 | Comments(0)
<< 今日から新年営業開始です。今後... 新年もどうぞよろしくお願いいた... >>