鉄鋼所閉鎖続く・・
おはようございます。ここのところ、日本の経済の柱だった鉄鋼所の閉鎖のニュースが多くなっています。たいへんな大きな時代の変わり目だと思います。
マイナス金利の政策をとって久しいのですが、さまざまな外部環境の変化に国の政策が追いついていない状況です。
この夏のオリンピックの開催を前にして、コロナウイルスなど健康対策が急務となりました。
温暖化による天候災害など今年は起こらないことを願うばかりです。
先週末の仙台のホテルも昨年までとは全く違う様相で、朝食時には大陸方面の方の言語が飛び交っておりましたが、今回は、全くなかったように思います。
不動産会社としては、衛生管理や防災について知識を深めなければならないと強く思うようになりました。
また、高齢化の進む秋田市においては、訪問介護の限界も感じております。
この雪道や災害発生時に利用者さんのもとへ車で伺うことの困難さを考えると、国は福祉政策を抜本的に見直す必要があると感じます。
私の考えは、まずは、地方分権を早めて、それぞれの地域に合った柔軟な政策が可能になるようにすることが良いと考えます。
市町村合併は、行政の効率化を追求したものでしょうが、私はたいへん疑問を持っています。秋田県内においても合併しなかった地域から賑わいのある話題が聞こえてきている気がするのですが、誤解でしょうか。
合併した分、地域のつながりが薄くなり、孤立化が進んでしまったために社会的コストが高まってしまったと考えます。
福祉政策も産業として積極的なかかわりが必要だと考えます。
時代は、資本主義の価値観の次の価値観が求められています。
日本は島国ですので、大陸のストレートな影響が幾分遅くなると考えます。ここは、何を守るのかしっかりとみんなで考えるべき時と思いますが、皆様はいかがお考えでしょうか。
不動産業をしていて、地域の住民同士のつながりを失った高齢化はさまざな場面でたいへんな事態が今後まちがいなく発生すると予想します。
空家問題の本質も、私はコミュニケーションだと考えています。

弊社では弊社で関わる地域を少しでもつないでいくことができたらと思っています。
今日の写真は、仙台での二次会で、アメリカンバーに行った時に出てきたハンバーグです。ここのお店には、コミュニティーがありました。
(飲みにケーションといいます!110.png)

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png

鉄鋼所閉鎖続く・・_d0005807_10304756.jpg




by tccreate | 2020-02-11 10:32 | 趣味 | Comments(0)
<< 最近の新聞はすごいですね。 ちょっと大学図書館!ちょっとお... >>