創業して23年目ですが、ほんとうにいろいろあるなあ~と思います。
おはようございます。この週末はお天気も良く、何組か住宅をご案内いたしました。早めに現地について、エアコンを入れて温かくしてお客様をお待ちします。車のテレビをつけると、新型コロナウイルス感染のニュースが流れます。
こんな空気の済んだ感じの日にも、世界のどこかで新型コロナウイルスが広がっているとか信じられない感じです。
リーマンショック、東日本大震災等さまざまなことがあり、今度は感染症との戦いですね。

日ごろの暮らしが大きく変わる分岐点になるのだと思います。
弊社で最近多い相談は、やはり、相続の発生による不動産の分割等です。その次は、ご高齢になったお客様からの終活相談。
さまざな不動産に関わる書籍を読んでおりますが、正直、ほとんどが首都圏など大都市圏の不動産終活に関わる事例です。どうやら、収縮する地方都市の不動産の今後については、まだ正解がない感じがしました。
今回の感染症の対策で、今後の暮らし方が大きく変わるとすれば、リスク分散という考え方が広まるのではないでしょうか。
私たちの偏った暮らし方に対して考え直す時なのかもしれません。

新築時には、建物解体費用の基金負担をする。相続の争族予防のための取り組みを国としてもしっかと議論する。等、私権と公共の利益のバランスはたいへん難しいと思いますが、地球環境の変化に伴い、国で防災などに取り組む必要性が大きくなりますから、それに合わせた公権のありかたをしっかりとみんなで話し合う時が来ていると感じます。

週の始まりに堅苦しい話となりましたが、変化する時代にあわせて国の仕組みも大きく変える時期に来ている気がしています。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png





by tccreate | 2020-03-16 08:34 | 雑談 | Comments(0)
<< 12,000円の給付? 合格!うれしい! >>