甲子園小話、最終回。
d0005807_7274284.jpgおはようございます。さて、大阪の地下鉄で梅田駅で下車をして、JRの大阪駅の旅立ちの鐘まで向かいました。人ごみの中、旅立ちの鐘が見えてきた頃、向こうになつかしい顔がニコニコしながら待っていてくれました。「やあ!きくちゃん。元気!」とお互い声をかけあい、私と、師匠ときくちゃんと3人コーヒーショップに入りました。何年ぶりか分からなくなるくらい久しぶりの再会でした。
正直、以前はもう少しふっくらとしていて、少し元気がなかったような気がするのですが、今回は、すごく背筋がピシットたってかっこよかったです。
たった30分くらいの再会でしたが、これまでのきくちゃんの人生の一端を感じました。
ご長男も希望通りの進学校に合格したそうですし、大学も卒業させたいと言ってました。
今、勤務している会社も秋田でも有名な会社で名刺をいただいたら何と部長代理でした。
私たちと出合ったころは女子高生でして、あどけなかったのですが、なんかあの頃から比べると正直「いい女」になったなあ。って感じです。
それに比べると私のほうはエスキモーですから、「なんでこうるの?」って感じです。
出発の時刻がせまり、お互い改札をして駅ホームに向かいました。彼女は神戸方面、私たちは秋田方面ですので、別々のホームに向かいます。ホームに向かう階段の入り口でお別れです。横顔がさびしそうだったので、私は、親指を上に立て、ビクトリーサインをして「きくちゃん、がんばれよ!」っといいました。
これから、高校、大学と彼女一人でがんばらなければならない事情をしっている私としては、そう、声をかけてあげたくなりました。
神戸のやまむらさんへ。
あなたの生き方はすばらしい。つらいことのほうが多かったよね。でも、家族がいたからがんばって来れたんだ。すばらしいね。私は、仕事の合間にいつも思うことがあります。
最近、グレイトマザーというTV番組がありますよね。一人の母親の愛情はいったいどのくらいの人を救うのでしょうか。愛情をいっぱい受けた子供たちはその愛を社会に向けるようになります。
会社員として、公務員として、医師、看護師、弁護士、芸能人、プロ野球選手、政治家等々・・・どのくらいの命を救うことか。愛の連鎖ですね。
今年の夏、幸運にも秋商が代表になれば、また甲子園で会えると思います。私たちの高校野球はずっと続いています。また会おうね。
今日の写真は、大阪名物のお好み焼きです。おいしかった。きくちゃん!今度行ったら一緒に食べよう。
甲子園道中話はこれにて終わりです。
by tccreate | 2006-04-06 08:05 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 神戸のやまむら at 2006-04-07 10:29 x
心も体も大きくなった長坂さんに再会できて私もほんとにうれしかったです。これからもがんばるで~って私も思いました。今度会った時も長坂さんに「元気そうだね」って言ってもらえるように仕事も母も一生懸命がんばりますね。今度はゆっくり会いましょう。秋商OBの皆様によろしく。ブログ今後も見てますから、色々書いてくださいね。
Commented by tccreate at 2006-04-07 17:07
ほんと、私の意志とは関係なくお腹だけがかってに育ってしまって困ってます。秋田の高校野球はもう春のリーグ戦が始まりました。
夏の甲子園へ向けてスタートです。
今度行った時は、神戸で食事でもしよう。おいしいところ連れて行ってください。(こんなんだから、お腹が育つのですね。)
<< 寒いですね。早くほんとに春来な... 食いだおれ、飲み疲れ。 >>