ふるさと回帰シンポジューム
d0005807_7475766.jpgおはようございます。先週末から、東京でふるさと回帰シンポジュームに出席してまいりました。
連合という労働組合系の団体とJAなどが主体となって団塊の世代の退職後のふるさと回帰をテーマにしたシンポジュームでした。
詳しい内容はともかく、印象は、今後こういったイベントはふえそうだということ。ただ、秋田はたいへんハンデが大きいということ。極端な言い方をすれば、秋田への団塊世代の回帰需要は、今、注目されているほどではないのではないかと思いました。
しかし、光もしっかり見えました。
格差社会や、学校のいじめの問題を考えると、刈和野出身で俳優のYさんのような子供のそだてかたは、ますます、増加すると思います。明日もまた東京に行くのですが、正直、東京は、もう日本でありません。「世界国東京」ということだと思います。
新しいビルやマンションがドンドン建ってます。世界における東京の需要はよくわかりませんが、私には、また、バブルか?とも思います。
あれだけの床面積の需要が本当にあるのか信じられないほどです。
しかし、東京などの都会が、都会化すればするほど、人間は田舎も求めるのではないでしょうか。秋田も大いにチャンスありです。たいへん勉強になりましたが、ここのところ多少、忙しすぎる気もしております。
今日はこれから、午前中は湯沢市であります。便利になったとはいえ、すごい変化であります。
私は、秋田弁、湯沢弁、江戸弁、に英検2級となんでもOKであります。恐いもの知らずでありますが、なまはげだけは、やっぱり恐いな~。
by tccreate | 2006-10-17 08:00 | 雑談 | Comments(0)
<< ちょっと疲れ気味です。 ブログすいません。 >>