迷走?瞑想?
d0005807_7484271.jpgおはようございます。今日の写真は、地域における不動産投資についての秋田市主催のセミナーの様子でした。そこでは、秋田市が企画した水も配られてました。
普段は有料なのでしょうが、参加者にサービスとして配られました。
秋田市の税収の約半分が固定資産税なんだそうです。
今の国の政策的な流れでは、固定資産税評価額は実勢と同じくするそうです。
住宅用地の軽減措置は残ると思われますが、商業地については例外は認めないでしょう。
そうするとこのままの、秋田市の地価ですと、秋田市の税収は大幅に減るそうです。
今回のセミナーでの驚きは、行政セクションの維持にもはっきりとマーケットメカニズムが働きだしたということです。
このことの善悪は別にして、この流れは止まらないでしょう。
たいへん元気づけられたのは、秋田市がそのことに大いに気づいたということです。
そして、講師の先生が言ってましたが、その街が元気がないのは、地元の人が積極的な思いが弱いからだと。
なるほど。なるほど。『不動産とは果実を生むもの』という私なりの定義をしましたが、今の私の勉強の理念との整合性をはかるのにまたまた大混乱なのであります。
はげたかファンドといっしょになってということでした。たいへん、人間味があって本質的な話を聞けたと思います。
そんなこんなで、頭の中がたいへんな長ちゃんでした。
by tccreate | 2007-05-25 08:04 | 雑談 | Comments(0)
<< 総会。何のための総会? 宮城遠征 >>