ショックでした。
ショックでした。_d0005807_7224540.jpgおはようございます。原子力の廃棄物。これを、あの美しい上小阿仁村の地下に、廃棄するなんてことは、これぽっちも考えたことはありませんでした。
財政再建のためということです。
考えてみれば、日本全国の原子力の高濃度廃棄物は、これまで、どこで廃棄されてきたのでしょう。ショックでした。
きっと、どこかで、廃棄されていたのでしょうが、原則は、受益者負担でしょうけれども、原子力のエネルギーは、どこで一番消費されているのでしょうか。
こういうことを、言っている私も、こればっかりは、歯切れが悪いです。
つまり、自分自身も、きっと、間接的ではありますが、こうした文明の恩恵をうけているはずだからなのです。
とにかく、安易な結論だけは、やめていただきたいと思います。
財政再建のために受け入れるとすれば、お金のために、村の美しい自然を売るに等しいのです。村の将来は、子供たちの将来はそこにあるのでしょうか。核爆弾の上でくらすというのでしょうか。
誤解を恐れずに申しますと、成否の議論は別にして、『あの八郎湖が自然のままだったら』という議論が今でもあるのは、皆様ご承知の通りです。
現実として、人類は、原子力の恩恵をうけておりますから、真正面から、向き合わなければならないと思います。
もし、核廃棄物を受け入れるとしたら、世界中の原子力の平和利用の象徴となるような、研究所や大学を誘致して、地球環境と調和させる人類の拠点にするくらいの命がけの議論があるべきです。
お願いですから、きちんとした理念をもって、対処して欲しいと思います。
もう、従来型の乏しい発想による政策にはうんざりです。  とほほ・・・

今日の写真は、田んぼの風景です。我が家の周りには、自然のかおりでいっぱいです。
皆様のところまで、届きましたか。
by tccreate | 2007-07-24 07:42 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 広面の碁打 at 2007-07-24 12:28 x
 放射性廃棄物というのは、濃縮前(?)のプルトニウムでしょうね。半減期(放射線を出さなくなるまでの期間)は、たしか、一万年でしたか。
 地殻変動で、恐竜時代の地層でも、地表に飛び出してくる場合もあったのですから・・・。地中奥深くに埋設するといっても、一万年間は危険なものが地下にあるという不安が残るわけですね。
 どうすれば、一万年間の安全な管理ができるのか。原子力発電所の「安全な管理」という難問も含めて、人類は、まだ、その方法を手にしてはいないようです。
Commented by tccreate at 2007-07-27 07:51
ほんとうに悲しい現実ですね。それでは、明日どうぞよろしくお願いします。昨晩はいっしょに囲碁打ちできず、すいませんでした。
<< 気がついた。 金農おめでとう。 >>