提携
d0005807_10826100.jpgこんにちは。昨晩もたいへん充実した講義でした。
ここのところの先生の主張を私なりに整理しますと、『革新』 『提携』 『金銭欲ではなく事業欲』のキーワードがキーワードです。
昨晩の講演では、『足らざるをしるために行動する』という視点が新鮮でした。
それと、『出会い』これがこれからは益々大切になりそうです。
大量生産の時代は終わりました。
コストでは中国その他のアジア諸国にはかないませんから、これからも、これからは地域は厳しい。
では、地域はどうするか。中小企業はどうするか。中小企業がこれからは繁栄する時代です。
しかし、その地域、その会社ではなければならないものを創造できるかどうかなのだそうです。
なるほど。でも、中小企業は、資源が乏しい。
その時大切なのが、提携。仲間づくりだそうです。
そのとき仲間をつなぐものが、思い。情熱です。思いに人は集まります。
最初から、完璧なことはありえません。行動すること。そして、何が足りないかを分かること。
自社でできないことは、思いを同じくする仲間とともに力をあわせてがんばることだそうです。
時代の流れは、たいへん早く、機動力が大切。大企業にないもの。その一つに機動力があります。
ローカリズム。これぞ、これからのめざすところ!といった感じでしょうか。
by tccreate | 2007-09-22 10:19 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 広面の碁打 at 2007-09-23 10:31 x
 思いを同じくする。同志ということばが、ぴったりですね。
信頼できる同志を求め、又、他の方から求められるに足る人間として、自分自身も学び、成長してゆきたいものですね。経営者同士(こっちは、サムライで良いのですよね?)
、たしかな提携を、すすめてゆきたいものです。
Commented by tccreate at 2007-09-24 10:05
こんにちは。経営の勉強をさせていただくようになってから、本当にいろんなものが見えるようになりました。自分でも驚くくらいです。
これからも続く勉強の道ですが、この道はたいへん険しいことに気づきます。人は、目の前に、出会うべき人だということになかなか気がつかないものなんだと最近、つくづく感じます。私の今の宿題は、素直さです。どこまで、自分を「無」にできるかの真剣勝負です。
<< 休み。 地域活性化。 >>