ご無沙汰です。
d0005807_84582.jpgおはようございます。今日の写真は、ここ3日、北陸旅の帰路に酒田側から撮影した、早朝の鳥海山です。
美しいですね。
ところで、新潟市に行ってまいりましたが、旧市内人口で60万人といいますから、。秋田市の2倍ですね。
法務局の近くの土地100坪が最近坪90万円で取引さてれたと言いますから、今の山王が高くて坪28万円くらいですので、約3倍ですね。
市街地も比較的人の流れがあった気がします。
これでも、バブル時よりはずいぶん下がったんだそうです。それと、地域により格差が大きい気もしました。それでも、亀田というところでも(新潟駅から車で20分くらい)坪20万円くらいといいますから、私なりには、仙台市より少しいいのではないかという印象です。
秋田から観ますとうらやましい感じです。なんか、他の都市に幾たび我がふるさと秋田の状況が、心配になってきます。
選挙活動も落ち着き、さまざまな総会の時期となりますが、なにやら、噂によれば委任状を託して欲しいと廻っている人達がいるとかいないとか。
何のためにやっているんだろうと思います。
私は、現在、宅建協会秋田支部の理事ですが、おかげさまで、新理事にも選挙にて当選させていただきましたが、総会の承認が必要なのですけれども、そこで、何か思惑でもあるのでしょうか。
協会の運営に透明性をと思い、立候補して選挙となったわけですが、それを不満に思っているのでしょうか。
私は、理事選出も公正、透明になってよかったと思ってます。
私は、理事の立場にこだわるものではありません。年間に相当時間協会運営にかかっており、正直、仕事との両立はむづかしいことがたくさんあります。
団塊世代の秋田への移住促進、街なか再生ファンドの研究(国からの認定の研究など)、行政の企業誘致活動にたいする協会としての協力検討、不動産フェアー、竿燈祭り、親睦旅行、会報の作成、会員に対する苦情(これが一番たいへんです。)など、あげればきりがありません。
これらを実際に運営してきた皆様が、現在の秋田支部理事を中心にした人達です。
自分の立場を保守する目的なら、立候補なんかしません。
しかし、業界としての声を、行政等に伝え、秋田市の経済活性化のために貢献したい一心で活動してまいりました。
その活動が、総会で皆様の同意が得られないのであれば、それを率直に受け止めるつもりです。
このブログをご覧の会員の皆様、どうぞお誘いあわせの上、今度の宅建協会秋田支部総会には多数のご出席いただき、現在の業界についてご意見をお願いいたします。
今は、秋田市、秋田県の活性化のため、皆がスクラム組んで、前進しなければならない緊急事態だと私は考えますが、いかがでしょうか。
そのために、会の運営は民主的で公正であるべきと考えます。
by tccreate | 2008-04-09 08:31 | 雑談 | Comments(1)
Commented by 広面の碁打 at 2008-04-09 15:49 x
 多くの場合、言葉は誤解されやすいもののようですね。いわゆる『真意』が伝わり、理解や共感が生まれるまでには、多くの時間が必要な場合もあるでしょう。
 えっ、これは夫婦間や兄弟間の話しですが・・・。
<< ごめんなさい。 選挙結果 >>