地震でした。
おはようございます。昨晩、また、地震がありました。被災された地域の皆様お見舞い申し上げます。ここのところ、大きな地震が多いですが、震度6でも、家屋の崩壊などがほとんどないようで、日本の建設の技術力は平均的にもすばらしいものがあるなあと、感心します。
震度6といえば、報道されるとおりのかなりの大きな地震です。
土砂崩れなどで、地震による別の自然災害との複合的な原因で被害で大きくなってしまう場合が、多く見られますが、地震による直接的な建物の崩壊は、意外と少ないのではないでしょうか。
ここは、冷静にといいたいところです。と、いいますのも、こういった不安を煽って、悪徳業者が耐震リフォームなどといって、攻勢をかけてくる可能性があるのではと心配です。
必ず、知り合いや、信頼の厚い業者さんに相談してからにしましょう。
価格が安いからだけでは、見極めないようにしてください。必ず、理由があるのですから。

ところで、今朝のニュースのもう一つに教員採用問題が報道されてましたが、こうした父親のインタビューで、『娘の人生を狂わしてしまった・・・』と、コメントがありました。
ここまできて、まだ、この父親は気づいていないなんだと驚きました。
謝罪をするなら、まずは、子供たちでしょう。そして、不合格になった受験生でしょう。
娘さんに対する謝罪はそれからでないですか。自分のことしか見えないこの元参事だか、よくわかりませんが、こうしたエゴまみれの人間が、子供たちの教育現場に大勢いるとしたら、とんでもいないことです。
不登校、引きこもり、残忍ないじめ、事件など、子供たちが学校で荒れる状況が、見えるようです。
安定した収入を得るためにという、お金目的で教員になったとすれば、子供たちはその手段ですから、なんとも恐ろしい。
これからは、社会人が、もっと、学校、地域に関わり、両親はもちろんのこと、先生たちといっしょに子供たちを育むべきかと考えますが、いかがでしょうか。(地域の祭りなどは、とてもいいことですよね。)
私のスポ小や中学、高校の野球部時代は、地域の先輩や学校の先輩がよくグランドに来てくれてました。いろんな社会勉強ができました。
いっしょに、先輩達と合宿したりして、なるほど、これが大人か=と楽しかったです。
by tccreate | 2008-07-24 07:53 | 雑談 | Comments(3)
Commented by 東通りのH at 2008-07-24 09:56 x
おはよう!コメント返しです。
「娘の人生・・・」ではなくて、本来教員試験に受かるべき方々の人生を狂わしたことをわかっていないことに同感です。罪の意識が無いところに、この根が深いことを伺わせます。

ところで竿燈どうしますか?
長ちゃんともご無沙汰ですので、そちらの予定をお聞かせくだしゃいませ。
Commented by 広面の碁打 at 2008-07-24 12:39 x
 やっぱり、竿燈ですよ!竿燈に触れたことのある子どもたちは、まともに育つはずです。
 教育界や親や社会に、どんな問題があったとしても、どんな荒波が、彼らを揺らしたとしても、竿燈に触れたことのある子ども達は、まっすぐに立とうとする、しなやかで力強い、まともな人間に育つに違いありません。
 そうですよね!。
Commented by tccreate at 2008-07-30 14:34
こんにちは。皆様どうも。どうやら、あちらこちらで、竿灯祭りの血がさわぎだしたようですね。合格!
<< いよいよ開催 湿度80% >>