青年経営者者全国交流会
青年経営者者全国交流会_d0005807_7331843.jpgおはようございます。今日は、先日行ってまいりました交流会についての続・報告です。
やはり、私が印象的だったのは、盛岡冷麺のP社長の話でした。
経営理念が『食を通して人間性回復の場を提供する』これが、レストランの本質という考え方で経営を貫いていらっしゃいました。
休み明けですので、あまり難しい話はやめますが、「文化とは場の力だ」「仕事は科学的に芸術的に行うものだ」「本物とはなにかを追及する」などなど。
お父様が鉄くず加工業をしていて、6人兄弟で育ったそうです。
一番の財産は教育だということで、ご兄弟それぞれが医学部をはじめみんな大学などに進学したそうです。
ご両親のご努力は想像を超えます。
しかし、そういった愛情がP社長のようなすばらしい人間性のもつ経営者を生むのだと思います。在日韓国人二世という個性を、日韓の素晴らしい文化の融合という経営個性に創造し、前述した哲学のもと歩み続けるP社長は、経営者としてあこがれます。障害者福祉も実践されてます。
私も少しずつ近づきたいものだと思います。

今日の写真は稲刈りを待つ田んぼの様子です。実りの秋になりました。
by tccreate | 2008-09-16 08:19 | 雑談 | Comments(2)
Commented by 広面の碁打 at 2008-09-16 09:17 x
 P社長の、ご講演は、すばらしかったですね。
14日の昼に、本店にお邪魔して来ました。繁盛店の原点を見せていただいたように感じてきました。
Commented by tccreate at 2008-09-19 07:56
いつもたいへんお世話になっております。今日の町村官房長官のニュースでつくづく思ったのですが、P社長との覚悟の違いといいますか、職責に対する真摯さの違いには、ほんと~に驚かされます。これだけ国民が年金で不信感を抱いているときにあの発言はないですね。この日本の閉塞感の原因は間違いなく政治不在。不作為の責任にあると確信しましたがいかがでしょうか。
<< 健康福祉産業の可能性 世界の全ての人々が幸せにならな... >>