カテゴリ:経済( 17 )
GDP,景気実感とちがう。
おはようございます。今日の新聞にGNPと景気実感についての記事が掲載されていました。某有名な新聞に掲載されるようになったのですから、おそらく実態とすればもうかなり前から『どうもおかしい』とえらい人たちも思い始めていたのでしょう。弊社では昨日、新聞広告を掲載させていただきましたが、弊社が開業したころの広告反響とはまったくちがいます。たくさんの問合せがあるからといって必ずしもすぐご成約いただいているかといえばそうではなかったり、まったくお問合せがない物件でも一本の問合せでご成約いただいたり私ども不動産業者にとりましては、物件価格の査定がたいへん難しくなりました。
ただ、大まかにいいますと物件の個性はともかく、稀少性の高い物件は売れてゆくスピードが高い気がします。当たり前なことを言っているようですが、これは、なんとも言いようがないとでも言いますか、今のところそう表現するしかありません。私の表現力では限界です。(私は高校時代、漢字テストと古典、そして物理は自慢でないですが、常にクラスではアンダートップクラスでした。)そんなわけでして、全体の傾向と個別の傾向が大きく違ってきているのだと思います。それにしても、今回の広告は私なりにがんばりました。お客様が共鳴していただいてできるだけ多くのお客様に支持されることを念願しております。皆様からのご感想などうかがえたら幸せです。
by tccreate | 2005-06-10 07:55 | 経済 | Comments(0)
時代が早すぎる?
おはようございます。今日の新聞でトップ企業に並んだ会社のなかに成功の象徴企業だった某Sニーの名前がありません。現在の成功要因が将来は失敗の要因になるといいますが、それにしてもすごい時代だと思います。また、好成績の企業の共通項は『高シェアー商品』だそうです。さらに、製造業で部品企業が総合電機企業を超えているそうです。うれしいですね。下請け的なイメージが強かった部品産業(失礼な言い方かもしれません。すいません。)が系列化がなくなった今日を先読みして技術力を磨いた成果なのだと思います。ここが日本経済の強みだと思います。日頃、地道な技術開発や、現場での熟練した機械より精密な感性。こういったものは寒い日でも暑い日でも変わらずコツコツがんばり続けた成果だと思います。標準化されたものは、価格競争になります。でも、こういった技術の高いものや精神は高価格であってもお客様は納得されます。よいお手本になります。それにしても、この世は無常なのですね。また、久々にロダンの考える人になってしまいました。(ちょっと肉つきが良すぎますが・・)
追伸:今、事務所のBGMにはボサノバがかかっています。今日は快晴でしょうか。
今日なんか鬼コウベゴルフ場などはどんなにか美しいでしょう。今年はチャンスがあれば県外のゴルフ場にも行ってみたいと思います。美しい林間コースで不本意ながらも、林に囲まれながらナイスショット!と思いきや、コーンとなんともいえない響き。ボールが木にあったって、誠に不本意ながら、まるでパチンコでもしているように緑とたわむれる・・そんなドジな私のすがたが思い浮かぶ只今でありました。
by tccreate | 2005-06-08 07:34 | 経済 | Comments(0)
仁井田西潟敷オープンハウス
おはようございます。仁井田西潟敷のリフォーム済み住宅につきましてオープンハウスを開催いたします。5月21日(土)、22日(日)午前10時から午後4時まで開催いたしますのでどうぞお気軽にお越しください。2世帯住宅としてもピッタリです。現在の住宅を売却してからのご購入も可ですので、まずはご来場いただければ幸いです。
ところで、今、悩んでいることがあります。それは、今年の竿灯に参加できるかなあということです。正直現在の状況では時間的には参加がたいへん難しいのです。祭り好きの私ですが、ほんとうにどうしたらよいのか困っています。お蔭様で皆様からお声をかけていただきまして忙しい日々(と言いながらしっかり夜の部もこなしております。・・そういえば東通のH社長はじめ牛島のH社長、S社長3人組はふぐを食べに行ったとか。自分たちばかり美味しいものを食べているようです。)を送っておりますので、これ以上は正直きついのですが、でも、そういうときだからこそという学説もあります。東通のH社長などは、サーフィンの時は風の気持ちにもなり、竿灯の時には竿の気持ちにもなる達人ですが、私は竿灯のちょうちんを見ますと焼き鳥の匂いがしてしまって、すぐに赤提灯に走ってしまうのです。冗談はともかくたいへん悩んでおります。6月になりますとお囃子の練習の音が聞こえて来るようになるでしょう。経済的にはもちろん豊かになりたいのですが、心も豊かになりたいものだと思います。
by tccreate | 2005-05-18 07:39 | 経済 | Comments(2)
文化的価値が売れる。
おはようございます。最近ず~と疑問に思っていたことのヒントが今日の新聞に掲載されていました。文化的価値についてです。商品の価値(価格)について考えるときそのお客様によってかなりちがうということです。つまり、これまで需要曲線と供給曲線の交わるところで決まっていたと思われる価格がどうもそれだけではなくなってきたのではないかということです。なかなか言葉では表現しにくいのですが、お客様の求める需要の質が大きく変ったとでもいいますか、です。文化的な価値など需要にほとんど影響がなかったのに本物志向とでも言いましょうか。そういう商品には高額を支払ってでも購入し、機能性のみの商品については徹底的に安く購入する。高額なブランド商品が売れる一方でデスカウントショップも大忙しというようなそんな極端な市場になっていると思います。おいしいラーメン屋さんには行列をつくって立ってでも待ち続けます。一方、3流でなくとも2流店であってもそこそこにでも商売が成り立たない時代。これが今なのだと思うのです。クレームを言ってくれる間はまだよいのです。そして『あっ』という間に誰も取引をしてもらえなくなる。今の成功の理由が明日の失敗の原因になってしまう。性能さえよければお客様は黙ってでも購入してくれると思っていてもそうではないのです。きっと、そのほかに目に見えないもののサービス(今日の新聞風にいいますと『文化的価値』とういものでしょうか。)も商品の価格を吟味するときに検討しているような気がします。これは、私のような小さい会社にとっては大チャンスです。お客様は何を希望していらっしゃるかをしっかりと耳を大きくしてうかがえるような誠実な会社を目指したいと思います。先般、4年ほど前に弊社からご購入いただいたお客様のご親戚から仕事のご依頼を賜わりました。ほんとうに光栄です。身の引き締まる思いです。お客様は神様です。その気持ちを忘れてはなりません。毎日復唱いたします。
by tccreate | 2005-05-13 07:58 | 経済 | Comments(0)
報道。
おはようございます。今日のある新聞記事の一面に小さく株主代表訴訟の改正案の記事が掲載されていました。経済分野での新聞ですらこの取り扱いには驚きです。この株主代表訴訟という権利は上場会社の民主化と権利濫用防止とのバランスでたいへん重要なものです。企業モラルが厳しく問われる今日ではもっと大きく報道に取り上げていただき国民的な議論をしていただきたいところですが、感情的な報道のみには偏ってはいけないのだと思います。また、私個人的には、最近の大きな関心事として中国の通貨の為替制度についての情報がもっと欲しいです。もし、人民元が変動相場制に移行するか否かは日本経済にとって重要な意味を持つものだと思います。大きな流れと致しまして近く変動相場制になるとは思いますが、たいへんは関心を私はもっています。地味ですが、こういった報道も増やしてほしいと思いますがいかがでしょうか。
by tccreate | 2005-05-12 07:53 | 経済 | Comments(0)
T自動車はすごい。
おはようございます。T自動車はすごいですね。どんどん収益力を増してます。北米需要が堅調な上、アジア市場が50%増だそうです。政治的な関係も重要ですが、経済のつながりは益々濃くなるばかりです。アジア市場はまだまだこれから有力です。秋田においてもアジアに輸出できるような産業はないものでしょうか。とくに環境産業の技術などを輸出できればおもしろい気がします。農業技術なども秋田の得意分野ですからよいのではないかと思います。皆様はいかがお考えでしょうか、。
by tccreate | 2005-05-11 10:58 | 経済 | Comments(0)
合理性?
おはようございます。たいへん悲惨な鉄道事故についての事故分析がいろいろなされています。経済合理性を追求し過ぎているからだという意見もあるようです。あるTVでやっていましたが、大企業の収益は約3倍に増加しているそうですが、売上げはほぼ横ばいとのこと。民間企業の修練度はたいへんなものです。ですので、この社会のストレスは大きいものなのだと思います。明らかに勝ち組と負け組みとが大きく分かれてしまっていてたいへんなことになっているのかもしれません。だからこそ、自分のペースが大切なのだと思います。他の人がどうだからという生き方では気がつくとむなしさだけしか残らないような気がします。あることを成し遂げようとするときにあることをあきらめなければなりません。これはかなり勇気のいることなのです。高度成長期はみんな一緒に豊かになりました。しかしこれからは名目値ではなく実質値なのだと思います。いくらお金持ちでもそのために気持ちが貧しければそれは無意味なことです。年収が低くともいい。その生活が充実していれば億万長者の生活よりすばらしいのだと思います。南欧では日本の国民所得に比べかなり低かったはずですが、ゆっくりバカンスをとれるそうです。私は、仕事というより商売が大好きなので休みがなくとも疲れません。『長坂さんいつ休んでるの?』という質問を昨日ある知人に言われました。私の休みは、事業をして充実感を感じられたときです。誤解を恐れずに言いますと毎日が休みでもあるのです。目標に到達したときや、お客様に喜んでいただいてうれしっかった時など最高の気分です。誰からも強制されることもありませんし、筋の通らないことをご要望されるお客様へはお断りすることもあります。事業をしていての充実感は何ものにも代えがたいものです。このことが、地域のために少しでもお役に立っているとしたなら大満足です。でも、社員の皆様はそうはいきません。ご家族はお父さんの帰りを待ってます。やはり、社長は大概わがままですから(そのくらいの個性でないと事業継続は無理かもしれません。)社員の皆様はほんとうに疲れると思います。私も会社員時代は週休2日でも足りない気分でした。(それで自分で事業をしてしまったようなものですが。)休みが必要です。このストレスの多い社会それぞれの立場で自分のペースで自分の選択でいかに生きるか、『生きがい』を見つけるか私の好きなアニメで『明日のジョー』というのがあります。自分の好きなボクシングを一生懸命してリングで真っ白になるシーンがあります。私は自分だけのためにあんなにかっこよくは生きれませんが一つの生き方なのだと思います。
by tccreate | 2005-05-09 07:57 | 経済 | Comments(0)