<   2020年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
はんこのホリエ!落款づくりセミナー
おはようございます。今日の写真は、昨日の日曜日に八橋別邸で開催されたハンコのホリエさん主催、落款づくりセミナーの様子です。初めての経験でとても面白かったです。特に、小さなスペースに名前を彫りこんでゆく作業の集中した時間は、とても久しぶりでした。また、会場は予定した席をオーバーする位に大盛況!こんなにも和風アートに興味のある方が多いんだと感心しました。
さらに楽しかったのは、出席者のほとんどが女性でしたので、私の周りにも温か~い女性ばかりでほんとうに和やかな時間でした。109.png
ハンコを彫りながら、製作しているお人柄を推測したりして、とても楽しい時間となりました。
次回は、製作した印影を展示し合って、食事などするのも良いかもしれませんね。
それにしてもハンコづくりをご指導してくださったホリエのハンコマイスターの皆様の優し~いお人柄には心が震えました。。
ありがとうございました。

さて、早いもので、新年も既に1月が終わろうとしています。よくない風邪が流行っているようですので、うがいと手洗いを忘れずに衛生管理に十分気を付けて今週もがんばりましょう!
それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png
はんこのホリエ!落款づくりセミナー_d0005807_07444793.jpg

by tccreate | 2020-01-27 07:46 | 雑談 | Comments(0)
不動産終活セミナー第4回開催!
おはようございます。今朝の写真は、1月18日に弊社主催で開催されました不動産終活セミナーの様子です。途中キャンセルもあり、参加人数は予定より少なかったのですが、皆様、熱心に勉強されました。
セミナー後の感想としてアパート経営は甘くないんですね。というコメントを頂きました。
その通りだと思います。
不動産終活セミナーで、なぜ、アパート収支の勉強が必要なのかということですが、アパートごとの収支をしっかりと把握しておかないと、例えば、ご子息が複数人いらっしゃる大家さんは、どのように分割すべきか判断ができないと考えるからです。
また、相続される方もその内容によっては、承継したくないということもあるかもしれません。
不動産経営は、当たり前ですが、立派な経営です。ご子息のためにしっかりと採算状況を把握されて、中期的な計画を立てて事業承継計画をお立ていただくことをお勧めいたします。
このセミナーは、建て替えやリフォームの営業目的の内容でないことは、ご参加いただいた皆様にはお分かりいただいたはずです。
後半の質問も充実した内容となりました。

今後も引き続き開催してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
次回は、確定申告後の3月下旬のセミナー開催を予定しております。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。

不動産終活セミナー第4回開催!_d0005807_08543723.jpg

by tccreate | 2020-01-20 08:54 | 雑談 | Comments(0)
明日、不動産終活セミナーがんばります。
おはようございます。明日、秋田市寺内のユースパルで、午後1時30分から午後4時まで、「不動産終活講座第4回目」を開催いたします。まだ、余席がありますので、お時間のある方はご参加ください。
昨日、社内で明日のセミナーに向けての予行練習をいたしました。
例題を作りながらさまざまな事案をシュミレーションしてみましたが、「不動産の賃貸経営というのは、ほんとうに細かいお金の積み重ねだなあ…」と、しみじみ思いました。
最終的には利回りの判断になりますので、できるだけ無駄なく建築計画といいますか、投資計画を立てないと何のために経営しているのかがわからなくなります。
特に秋田県のように人口減少傾向が続く地域では、今後の経営計画が大切だと思います。
専有部分と共用部分の割合が少し変わっただけでも収支に影響を与えますし、そうしますと、ご入居頂くお客様のターゲットを決めた時の土地選びからしっかりと吟味することが必要だと思います。
仙台市にお住いのお客様は、購入した時より坪7万円上がったとか聞いたことがありますが、秋田市では、そういうわけにはいきません。
ですから、大雑把な計画では、相続した子供世代がたいへんになります。
これから確定申告になります。この機会にぜひ物件ごとに採算を点検してみてはいかがでしょうか。
よく、「決算は税理士先生に任せているから」と、聴きます。私もそれでよいと思いますが、税理士先生は不動産の市場性の専門家ではありません。
大家さんも勉強されて税理士先生はじめ各方面の専門家に賃貸経営の重要点を質問ができるようになっておくべきだと考えます。
そして、次世代へ引き継ぐときに、しっかりと物件ごとの現状について説明ができるようにして頂く方がよいかと思います。
大家さんの元気は、地域の元気につながります。
どうそ、この度の機会をご利用くださいませ。

今日の写真は、先日、由利本荘市のカダーレで開催されたNPO法人矢島フォーラムさんの活動報告会の様子です。
先日、某放送局で「どうぶつ不動産」という放送がありました。動物たちの住処を不動産鑑定士が査定するというもの。まさしく真の不動産力的発想でした。109.png
鳥海山麓の魅力を伝える活動している矢島フォーラムさん。県内外からお客様をたくさん集客しておりました。すごいと思いました。
大切なものというのは、時代を超えてみんなで守り育まれるものなんですね。私も次世代の人たちへつなげてあげるお手伝いを微力ながらできたらと思いました。
参加させて頂き誠にありがとうございました。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png

明日、不動産終活セミナーがんばります。_d0005807_08593905.jpg

by tccreate | 2020-01-17 08:59 | 雑談 | Comments(0)
すごい集まりに毎年驚きます。雄水会
皆様、こんにちは。この三連休で、ようやく普段のペースに取り戻せたのかもしれませんね。今日の写真は、先日開催された秋田市立秋田商業高校の同窓会で、「雄水会」の新年会の様子です。今年も約600人の新年会となりました。
毎年よく大勢の同窓生が集まるものだと感心しています。集める仕組みも確立していて、来年は、私の卒業年次の高33期が幹事期で、責任期になります。3のつく卒業年次が中心となります。
人と人の関りが薄くなる時代に素晴らしいことだと思います。
通称、秋田県内では、「秋商」という愛称?になっており、同窓生とわかると、「何期卒ですか?」で、結ばれます。
(めんどくさいと感じている同窓生もいるのも事実ですが。)
どちらかというと、昔でいう体育会系の学風があります。経営からすれば、学風がはっきりしているのでわかりやすいという感じがします。
ほとんどが、何らかのクラブに属しています。しかし、少し、心配なことがありました。吹奏楽部の定期公演会に、約10年ほど前から寄付をしていたのですが、今年から遠慮するという手紙が届きました。
寄付を集めるにあたって、人手不足といいますか、部員も少なくなってきているという内容でした。
私は、野球部OBですので、その話を知って何とかしなくてはと思いました。どういう事態が生じているのかわかりませんが、つまり、運動部だけでなく文化系のクラブで一生懸命頑張っている学生も支援しなければならないと思ったからです。
今、秋田商業高校では、運動部のトレーニング施設を新設しようと新たな寄付を募っています。
弊社でも協力しようと考えていますが、しかし、文化部の学生に対する支援も行うべきと考えます。
世界も国も学校も同じです。偏りはだめです。
さまざな活動が活発でなければ、教育も硬直化してしまいます。

特に野球部は年間を通じて、学校関係者から多くのご支援を頂いています。感謝の気持ちを忘れずにできる範囲で協力できることがあれば行動すべきだと思いました。

ということで、母校のこととなると少し熱くなる長ちゃんでした。
それでは、今日はこれから由利本荘市へ行きます。
今、秋田市内は快晴になりました。新成人の皆様。おめでとうございます。正々堂々と歩んでください。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png
すごい集まりに毎年驚きます。雄水会_d0005807_10405813.jpg


by tccreate | 2020-01-13 10:41 | 雑談 | Comments(0)
1月18日土曜日セミナーを開催します。
皆様、こんにちは。今朝のさきがけ新聞に広告を掲載いたしましたが、弊社で、今年初のセミナーを開催いたします。12月も終わり、個人事業主の大家さん経営していらっしゃる方は、これから、1年間の実績を計算する時期かと思います。
円満相続を考えた時に、現在所有しているそれぞれのアパート、貸家がいったいどのような状況なのかという「現状認識」たいへん重要になります。
セミナーで不人気な会計に関する内容ですが、会計と資金繰り、ほんとうの採算は違います。
会計等数値が苦手な皆様にも必ずご理解いただけるよう説明をしたいと思いますので、ぜひ、お気軽にご参加くださいませ。
現在のお申込者数は、5名となっております。
まだまだ、お席に余裕がございますので、皆様のご参加をお待ちしております。


1月18日土曜日セミナーを開催します。_d0005807_16133027.jpg

by tccreate | 2020-01-10 16:13 | 雑談 | Comments(0)
今日から新年営業開始です。今後は、堂々とこれで行こう!
おはようございます。9連休のお正月休みだった方もいらっしゃいますね。焦らず、少しづつスピードを上げましょう。
5月にはまたGWがありますから!
ということで、現在の日本は、年間の3分の1がお休みになっています。このお休みの過ごし方が、人生にとってたいへん重要になってきますが、皆様はどのようにお過ごしになるでしょうか。
日々の業務に追われてじっくり考える時間が無かった私は、このお正月休みにさまざな出会いがありました。
昨日のブログに掲載した通りですが、さらに、昨日、一気に読み終えた本をご紹介します。
「共感資本社会を生きる」です。一部、秋田県五城目町のシェアビレッジ町村という場所での著者2人の談話を取り上げていました。
この本、ここ数年といいますか、開業以来といいますか悶々と感じていた将来大切にしたいと弊社で考えていたことをズバッとわかりやすくイメージして頂けた内容になっておりました。
私は、体育会系なので、どうしても年下か年上か年齢を気にしてしまうのですが、私より少し若い経営者の対談でした。ほんとうにすごいと思いました。
つまり、人として成長したといいますか、進化させた本物の価値観を具現化しようと実践しながら考え、さらに実践してつかもうとしている歩みに敬意を持ちました。
全国高校サミットで、高校生から著者に対する質問で、「人生100年時代がやってくると大人たちは言ってるけど、10代の自殺者の数を知ってますか?まずは、絶望して死にたくなる社会を変える方が先ではないですか?」という、質問があったそうです。
著者のお二人は、その答えにしっかりと答えようとしています。
昨晩のある民放番組で、これからの日本についてどうすべきか。アベノミクスは失敗か、成功かと激論を交わしておりましたが、日本で有名な学者で国の政策に影響力があるお二人の先生でしたが、まったく、夢を語れませんでした。
私が考えるに、人は地球という生命体から搾取し過ぎだと考えます。人は良い方へ進化する、学ぶために生かされているのだとすると、地球をどう生かすかを考える役割があるのだと思います。それが、今の時代に生きる私たち人間の使命である気がします。
新年はじめから大げさな話のようですが、既存の仕組みでは、この進化に応えられないことに次の世代の一部が気づいていると感じました。

本には「間」が大切だとあります。日本人が大切にしてきた価値観です。

今年は、念頭からあらゆる勇気を頂きました。皆様も今年はいろんな休み時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今日も笑顔で元気に行ってきま=す。101.png

今日から新年営業開始です。今後は、堂々とこれで行こう!_d0005807_08395064.jpg




by tccreate | 2020-01-06 08:39 | 雑談 | Comments(0)
謹賀新年
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、明日から新年の営業が始まります。私は、本日からウォーミングアップ109.pngをしているところです。
このお正月は、何年かぶりに比較的時間に余裕があり、本や雑誌を一気にたくさん読みました。買いためていたものや再度気になる本を取り出してきて、ゴロゴロしながら読んだり、会社に出て、大学ラグビーや箱根駅伝でのシード権などにハラハラしながら読んでました。
また、この間、K・G=ン氏が逃げたり中東で戦争危機が発生しているニュースが飛び交っていました。
このお正月で、最も学びが大きかったのは、『致知』という雑誌の内容でした。
キーワードは、『天道を歩むこと』『信じること』『続けること』でしょうか。
G=ンさんの逃亡を読んで感じることは、あの方の世界観がそのまま出ているということです。
今後、ご本人が記者会見や裁判で争う?とか言ってますが、本人だけの姿ではなく、あの方の価値観がはっきりするのだと思います。そして、その価値観に共感する方も世界には多くいるのだと思います。
その意味で、彼は重要な役割を担うことになると思います。
優秀な経営者の一つの姿であり、価値観が明らかになることはとても重要です。
時代から観れば、資本主義の中で、ある意味において極端な価値観を私たちは観ることができると思います。
第二次世界大戦からおおよそ80年が経過しようとしています。日本の周辺でもさまざまな価値観や主義がはっきりしてきています。
日本はしっかりと自国が大切にしてきた哲学を守り育てなければなりません。

最近では、社会貢献と企業の存続が常識になりましたが、何年か前は、大学の講義でも、利潤追求をする企業と社会福祉は両立しないものという講義内容でしたが、海外はともかく、日本の偉大な経営者の先輩たちは、企業は社会や人々の生活をよくするためにあるという目的を掲げておりました。

世界に視野を広げるとさまざまな価値観があると思います。
資本収益率>経済成長率というピケティの21世紀の資本論からすると、これから資本力がますます高まるということです。
AIなどはまさしくその象徴ですね。

このような時代だからこそ、人として倫理観や哲学が資本収益率より成長することが大切ではないかと私は考えました。

ITにお世話になりながら人(地球の生命体の一員として)として物心ともに成長する商品やサービスを開発することに微力ながら貢献してゆきたいと思います。
それでは、本年も弊社ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。101.png

謹賀新年_d0005807_11103383.jpg

by tccreate | 2020-01-05 11:10 | 雑談 | Comments(0)